スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤黒爆発コントロール

基本はネガティブ思考なうすいです。
もう染みついてしまっているので、そうそう変わることはないでしょうね。

さて、前回に書いた通り今回はデッキレシピ紹介ですよ。
といっても前環境で作ったことのあるデッキを今の環境で作ってみただけなのですがね…。

それでは早速

<赤黒爆発コントロール>

〈赤ユニット〉

Ⅲ-1 マスター一閃ブレード×3

Ⅲ-4 カタストロフ・ドラゴン×3

Ⅳ-3 マグマ・ダンサー×3

Ⅳ-3 アニヒレイト・ドラゴン×1

Ⅳ-4 バーミリオン・ハンター×3

Ⅳ-4 祭儀の踊り子リムセ×3

〈赤ベース〉

Ⅳ-1 液体燃料採掘場×3

Ⅳ-1 古代兵器発掘場×2

Ⅳ-3 爆発兵器実験場×3

〈赤ストラテジー〉

Ⅳ-3 ブレイブ・スパーク×3


〈黒ユニット〉

Ⅱ-4 ナイトベア×2

Ⅳ-2 諜報軍団長カイム×1

〈黒ストラテジー〉

Ⅱ-4 天使のお披露目×1

Ⅳ-1 ナイトメア・ソルジャー×3

〈多色ユニット〉

Ⅲ-1 鬼哭神機ダイディーヴァ×3

Ⅲ-1 鬼哭神機アスラオー×1

Ⅲ-4 影を縫うミッドナイトエッジ×2



ということで通称『爆発プラント』でおなじみ?の『爆発兵器実験場』を使ったコントロールです。
起動効果でプラントベース枚数*3000火力を全体に発生させて盤面を一掃し、攻めが緩くなったところで『アニヒ』などをプレイ。
置かれた時の効果でわずかに残った攻め手を消し去り、プラントベースによるパワー強化により攻めきる…はずのデッキなのですが、現実には爆発がノーマルタイミングだったり、『アニヒ』などのプレイが重かったりで小回りが利かず押し切られることもしばしば…。

また、対コントロール戦ではハンデスされまくってコントロールされるやら、『クレバス』の効果誘発を防ぐために『カタストロフ』を維持でも握るもハンデスでいぶりだされるやら…。
しかもデッキの中核であるはずの『爆発』がほとんど使われないという事実…。
コントロールはユニットがならばないので、焼けて1、2体…。
さらに『時空城砦』で逃げられたりしていては…。

とまあ、そんなデッキなわけですが環境が変わったのだから一応うすいなりに試してみようと考え作りました。
新戦力は『バーミリオン』と『リムセ』ですね。
『バーミリオン』があることで焼けるユニットの範囲が広くなり、『リムセ』によってエネルギー消費を抑えつつ攻めやすくなりました。
軽く使った感想では小回りが利きやすくなったように思えましたね。
まあ、それでも手札が少ないデッキなので、対処し切れない部分が多く感じますが…。
4枚目の『ナイトメア・ソルジャー』として『お披露目』まで投入したんですけどねぇ…。

ちなみに、ベース処理対策がほとんどされていないので、ベース破壊も辛いです。
そしてベース処理できるカードも『アニヒ』と『カタス』の8コスト勢4枚だけで、ほとんど対策していないも同然です。
まだまだ欠陥だらけの構築ですね。
どうにか改善したいのですが…難しいです。


うーん…次の更新ネタはどうしようと悩みつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。