スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敗北は礎。

課題に余裕があると思っていたら、勘違いだったうすいです。
地味に面倒です。

さて、今回は日本選手権の敗北を糧に改良しようと努力した『赤緑ビート』を紹介します。
「また赤緑かよ」と言う声が聞こえてきそうな気はしますが、記事の水増しのため、強行しますよ。

<うすいなりに改良してみた赤緑ビート>

〈赤ストラテジー〉

Ⅱ-2 ニトロ・カタパルト×1

Ⅲ-4 スカーレット・シャワー×3


〈緑ユニット〉

Ⅰ-1 兎娘キューティ・バニー×3

Ⅱ-4 ガン・ドリアード×3

Ⅲ-3 エル・ドラード×2

Ⅲ-3 スカルジャイアント×2

Ⅳ-1 大巨人ゴッドファーザーJr.×3

Ⅳ-3 花園の歌姫×3

Ⅳ-3 新生獣V・ヴァナジオン×1

Ⅳ-4 美麗羊ビューティ・ラム×3

〈緑ベース〉

Ⅲ-3 花咲く結界×3

Ⅲ-4 バイオ・サーバー×3

Ⅳ-4 禁断の地の果実×1


〈多色ユニット〉

Ⅲ-1 ファンシーカット・アクアマリン×3

Ⅲ-2 変炎獣ゲルハーピー×3

Ⅲ-3 変炎獣ゲルトロール×3



とりあえず日本選手権で感じたことは、うすいのヘッポコ具合ではブン回らない限り意外と簡単に序盤をしのがれるという事実です。
正直、『ガンドリ』なんてほとんど成功させることができませんでした。
また、日本選手権前はユニット展開が3ターン目スタートでも戦えると思っていましたが、普通に妄想でした。


それでは次に日本選手権で使用した『赤緑ビート』の具体的な問題点とその対策を

・2ターン目にプレイしたいユニットの数が少ない(歌姫は手札、スカラベはエネに持ちたい+ゲルサラは盤面に残しにくい)
→『アクアマリン』を入れてエネブーストのパターンを増やした

・同コストユニットばかりを並べているとクレバスに処理されるため、3体目以降の同コストユニットはプレイをためらう
→同コストユニットを一気に処理される場合にそのユニットを『スカルジャイアント』の餌にする(クレバスによるドローの阻害+ユニットの補充)

・歌姫がすぐに処理されるため、他のユニットが処理されやすい
→パワー強化の選択肢を増やすため『エル・ドラード』を採用。また、『エル・ドラード』自身も処理されにくい。

・パワー強化のために歌姫を複数並べると『クレバス』の餌が増える
→『歌姫』の代わりに『エル・ドラード』を使用することでコストがバラける。

・プランに見えた『スカラベ』や『ゲルサラ』がゼロカードに見える
→上記よりはプレイして役に立つ+多色を可能な限り減らさないように『アクアマリン』を採用


このように考え改良してみました。

ちなみに、『バイオ・サーバー』を入れた理由は、プランに見えると腐る『スカルジャイアント』をエネに送る手段を作る意味と多色カードの減少により赤エネの比率が下がった問題をエネルギーの総数を増やすことで解決するためです。
まあ、潰されやすい『アクアマリン』が敵軍まで到達する利点を増やすためという部分もありますが。
『アクアマリン』+『サーバー』で2エネブーストの動きって好きなんですよね。


こんなところでしょうか。
正直、こんなに問題点があると思うなら日本選手権前に気付けよと思いました…。
まだまだ精進が足らんですよ。


それでは、タイトルはフレーバーテキストの一部だよと言いつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。