スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2次ハンムーセンチュリー

電波受信に成功したうすいです。
最近は何も受信できていなかったので、テンションが上がりましたよ。

ということで、今日は電波デッキの紹介になります。

皆さんは『破壊竜ハンムー』をご存知ですか?
知らない、分からない方は以下のテキストをご確認ください。

カード名:破壊竜ハンムー

色:赤 種別:ユニット 種族:ドラゴン

タイミング:クイック

使用コスト:赤3無6 移動コスト:赤1無3

パワー:7000 スマッシュ:3

効果:ユニットがプレイまたは移動以外でスクエアに置かれた時、そのユニットに9000ダメージを与える。


この『ハンムー』は『メローカード系』と違って、自分のカードの効果で相手ユニットを動かしても効果を発揮します。
このテキストを見て、うすいは何かできないかと悩みました…。
しかし、非常に重いため普通にプレイすることは難しく、自身のカード効果によって特殊な方法によりスクエアに置くと焼け死んでしまうということで、とても扱いきれるものではありませんでした。

ですが…今回は違います!『ハンムー』には強い味方が現われていたのです!


<第2次ハンムーセンチュリー>

〈赤ユニット〉

Ⅲ-1 破壊竜ハンムー×3


〈青ユニット〉

Ⅱ-1 粉雪の魔氷パウダースノー×3

Ⅱ-3 サンダーイーグル×3

Ⅳ-3 蒼冥星ネーレウスハーケン×3

Ⅳ-4 雪霰の魔氷ヘイル×3

Ⅳ-4 蒼覇星ティアーブレイク×3

〈青ベース〉

Ⅱ-2 魔王の三角海域×3

Ⅱ-4 電脳魔方陣×3

Ⅲ-4 セーブ・ポイント×1

Ⅳ-4 密閉されたサイバーワールド×3

〈青ストラテジー〉

Ⅰ-1 パラドクス・ストーム×3

Ⅳ-1 再改造手術×3

Ⅳ-4 不運の始まり×3

Ⅳ-4 真・益々繁盛×3



そうです。『ティアーブレイク』があったのです!
これを使えば、0コストでプレイできるのです!

さて、これで『ハンムー』がプレイできないという問題が解決されました。
なので次は『ハンムー』の効果を活かす方法です。


≪徹底解剖!『ハンムー』の必殺技!≫

ハンムーサンダー!

カード名:サンダーイーグル

色:青 種別:ユニット 種族:サンダービースト

タイミング:クイック

使用コスト:青1無1 移動コスト:青1

パワー:1500 スマッシュ:1

効果:このカードが攻撃した時、相手はこのカードとバトルしているユニットをこのカードと隣接するユニットのないバトルスペースのスクエアにフリーズ/リリースを変更せずに置く。
このカードと同じラインの後方のバトルスペースのスクエアにあなたのユニットが置かれた時、あなたはそのユニットとこのカードをもう一方のユニットがあるスクエアに、それぞれのフリーズ/リリース状態を変更せずに置き換えてよい。

これで相手のユニットを踏み、9000ダメージをばらまくのだ!


ハンムーストーム!

カード名:パラドクス・ストーム

色:青 種別:ストラテジー 

タイミング:クイック

使用コスト:青2無2

効果:あなたはバトルスペースのスクエアにある対象のユニットを2枚選び、それぞれのユニットをもう一方のユニットがあるスクエアにリリース状態で置き換える。

これで相手ユニット2枚を対象に選び、1対2交換だ!

ハンムーよ!これらの必殺技を使いこなし、プレイヤーに勝利をもたらすのだ!


ちなみに…

ベースは低コストを重視したので、ハンムーと噛み合わないものが多いです。
なので低コストを重視しないなら『魔氷の洞穴』が安定だと思います。

また、『真・益々繁盛』が入っているのは、禁呪枠がもったいないと思ったからです。
『ティアーブレイク』の効果でエネに余裕ができるかもしれないと淡い希望を抱いて入れました。
『クレバス』はつまらないので却下に。
まあ、一度『真・益々繁盛』を使って絶望した後は『クレバス』を入れるかもしれませんが。


自己満足が得られたので、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。