スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TT関東デッキ考察…?

ちょっと寄るだけのつもりで行ったのに、ついに長い時間ショップにとどまってしまううすいです。
気をつけねばなりません…。

さて、今日はツアートライアル関東で上位になったデッキレシピの考察とまいりましょか。
と言っても自分で作っていないデッキがどんなデッキであるか理解するという芸当はうすいには難しいので、自分のデッキと比較してみましょう。
『赤緑ビート』と『黒青クレバス』は作ってあることですし。

今回は赤緑ビートです。

まずは採用カードの違いを

優勝者のデッキは

バグ・キャッスル×1
スカルジャイアント×2
神を討つ魔剣の勇者×3
洞魔レチュギア×3
妖精の社交場×3
風邪ひいちゃうよ?×2

の代わりに

ダークサイド・ソウル×3
ガン・ドリアード×3
スカラベマスター×3
花園の歌姫×1
精霊の迷い家×1
花咲く結界×1
禁断の地の果実×2

が入っていました。

それでは次に動きの違いを考えてみます。

うすいの赤緑は『社交場』を積み、ビートにしては重い『厨二勇者』を使っています。
そのため、『厨二勇者』で相手にエネ縛りのプレッシャーを与えながら攻めるつもりのデッキになっています。
ようは『厨二勇者』が十分に機能するエネルギーが必要なため、「中速」になっています。

対して優勝者の赤緑は『ダークサイド・ソウル』や『禁断の地の果実』を積み、序盤から1ターンの間に行動を多く選択できるようになっています。
そのため、序盤から『ガンドリ』を隊列召喚し、一気に攻めることができるようになっています。
つまり、「高速」になっています。

このように同じ『赤緑ビート』ではあるのですが、『社交場』の有無によって大きな違いがあるようです。

それでは、『社交場』を抜いて高速化を目指した理由を考えてみますか。

・各デッキのベース処理能力の向上によるエネブ能力の低下
・『社交場』は即効性のエネルギーブーストではないため、序盤に無い場合は無駄になり易い
・中速だと攻め始める時期が『赤青急襲』と重なり、攻めながら守ることを要求される
・パワーの高いユニットが増加したため、エネルギーブーストをする目的の一つである『厨二勇者』が機能しにくくなった

こんなところでしょうか?
こうして考えてみると、『社交場』を抜いて当然に思えてきました。

特に『赤青急襲』と攻め始めが重なり守ることを要求されるという問題は深刻で、うすいはいつもそれで『赤青急襲』に負けていましたし…。

その他の違いはパワー強化のカードが多いというところですかね。
おそらく、ガンドリを隊列召喚するために敵軍エリアに到達する必要があるからですね。

うーむ…これでデッキ考察になっているのだろうか…。

ちなみに今回の記事はあくまでうすいの考えを書いたものです。
そのため、デッキ作成者の考えと異なっていると思います。

記事を書くのは難しいと思いつつ、今回はここまで

次回は『黒青クレバス』を考察?する予定です。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。