スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドバンテージと勝利条件

WIXOSS2弾環境のデッキでも載せようと思っていたが、つまらない発想しかなかったため、諦めたうすいです。
ちなみにうすいは『3ユヅキ』に『着植』入れたデッキ使ってます。
弱い上に特に面白味もないデッキです。
赤ビートのパーツを流用しつつ安く作れる中では、対『アークゲイン』で可能性があると考え作りました。
まあ、それでも基本『アークゲイン』とか無理ですね。

「TCGではアドバンテージ(以下アド)を稼ぐことが勝利において重要である」を否定する方は少ないと思います。
もちろん私も重要だと思っています。
しかし、なぜ重要になるのかについては余り耳にしません。
これでは、なぜ重要になるのか理解できず、勝利を無視してやみくもにアドを稼ぐだけになってしまう恐れがあります。
そうなると、ゲームの楽しみである「勝利のための工夫」を味わう上での障害になります。
そこでよりTCGを楽しむために、なぜアドが重要になるのか説明してみようと思いました。

アドはTCGによって異なりますが、よくある例として
・手札の枚数
・カードを使用する際に必要となるコスト
等のことを言います。

これらが多いと行動の選択肢(使えるカード)が増えます。
選択肢が多いということは、より良い選択肢(状況にあったカード)が選べるということです。
逆に選択肢が少ないということは、より良い選択肢を選べないということです。
また、選択肢がなくなると、何もできなくなります。
そのため、アドが多いと勝利しやすくなるのです。

しかし、選択肢が少なくても勝つことがあります。
例えば、速攻などと呼ばれる能動的に動く戦法は少ないアドで勝利することが多いです。
単純に考えると、選択肢が少ないために最適な選択肢が選べず勝てないはずです。
ではなぜ勝てるのでしょうか?
それは、能動的に動くことによって状況をワンパターン化(早い時期からの攻勢)し、そのワンパターンな状況にあった選択肢(低コストのカード)だけを用意しているからです。
これならば選択肢が少なくても状況にあった選択が可能です。
ここで重要なのは、あくまで選択肢が少なくても勝てるであって、選択肢が無いわけではないということです。
つまり、アドは少ないですが必要ではあるのです。

ではなぜアドが必要になるのか、それはTCGがカード(アド)を使用して勝利条件に変換するゲームだからです。
例えば相手に10ダメージを与えることが勝利条件のゲームなら、手札を2枚捨てて5ダメージを与えるカードは手札アド3を勝利条件の50%に変換する効果を持ったカードと言い換えることができます。
実際にはカードを使用して攻撃できる置物を場に出し、攻撃を行うことで相手にダメージが与えられる等、回りくどく変換する必要が多いですが、単純には「アドを勝利条件に変換している」と言えます。

つまり、カードごとのコストやテキストは勝利条件への変換効率・変換方法なのです。
そして、デッキはカードの束であるため、デッキごとにも勝利条件への変換効率が異なってきます。

以上のことからTCGではアドが必要になるが、その必要な量はデッキの勝利条件への変換効率によって異なるということが分かりました。
そこで、次はデッキ種類によるアドの勝利条件への変換、アドの必要な量の違いを見ていきましょう。

・速攻
必要最低限のアドを稼ぎ、その全てを勝利条件に変換することで勝利条件達成ギリギリで勝利する。

・コントロール
とにかくアドを稼ぎ、アドを相手勝利条件の妨害(手札破壊等)にも変換しつつ、勝利条件への変換を高効率で行えるカード(切り札)で余裕を持って勝利する。

・コンボ
特殊な条件の比較的少ない一定のアドを稼ぎ、勝利条件に変換して勝利する。


まとめ

・TCGはアドを勝利条件に変換するゲーム。そのため、必ずアドが必要になる。

・デッキによって勝利条件を満たすために必要なアドの量は異なる。

・アドは勝利条件に変換(使用)できてはじめて価値を持つ。


相変わらず誰も読まない程に長々と説明してるなと思いつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。