スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三色爾改 ゼノ・マルチプルぶっぱ

『長光』で『アレキ』出して『みそはぎ』を『イリュージョン』してから
『リトガ』『ティンバー』でソリティアしようと思ったら
低コストゼクスを展開した方が軽く殴れることに気が付いたうすいです。

上記を行う価値があるとすれば、低コストを2体展開して上でリブートを行う場合ですね。
でも低コスト出すなら『ルートヴィヒ』を『ダンサー』で出して移動させた方が軽くすみます。
まあ、リソースから出す場合はリソース枚数がかなり必要になるので、
枚数を抑えられる『アレキ型』に価値が無いわけではありませんが。
4コストの余裕を生むために使用する『リトガ』『ティンバー』枚数を考えると余り大差ないか・・・。



<三色爾改>

〈ルリグ〉

0花代・零×1

1花代・壱×1

2轟炎 花代・爾改×1

〈アーツ〉

バロック・ディフェンス×1

背炎之陣×2

ゼノ・マルチプル×3

サルベージorチャージング×1

〈レベル1〉

 羅石サファイ×4

!サーバント O×4

 サーバント O2×4

〈レベル2〉

 中剣フランベル×4

 コードアートJ・V×4

!サーバント D×4

 サーバント D2×4

!サーバント T×4

〈レベル4〉

!甲冑ローメイル×4

〈スペル〉

!落星の炎球×4


サーバントを大量に積んで『マルチプル』を撃ちまくるデッキ
『マルチプル』は4エナ消費とコストはかかりますが、相手から受けるダメージを-2して、自分の与えるダメージを+1できます。(ダメージ差が3)
これはエナをダメージに変換する効率の観点から言えば非常に高効率です。
<例>
『烈覇』が3エナ消費で相手から受けるダメージ-1の自分の与えるダメージ+1(ダメージ差2)で相手シグニは10000以下の条件付
『ドントムーブ』が3エナ消費で相手から受けるダメージ-2(ダメージ差2)で相手にダメージを与えられない(何度撃ってもゲームが終わらない)

こんな素敵なアーツを何度も使用できれば簡単に勝てるというのが発想の起点です。

『爾改』の採用理由は以下です。
・グロウコストの合計が2で済む
・全体的なパワー低下を『爾改』効果で抑えられる
・『背炎』を撃たせないために相手がシグニを破壊する
・アーツ枠に余裕があるため小回りの利くアーツも採用できる

特にコスト軽減と『背炎』の影響は大きいですね。
『マルチプル』はエナ消費の激しいアーツなのでエナが確保できるというのは非常に重要です。

効果は基本的に「シグニ手札戻し」と「2枚引く」を使う予定
2枚引いてガードが引ければ、シグニのアタック無効+手札1枚増になるため、
『アークオーラ』を使われでもしない限りは「ルリグはアタックできない」を使うよりも得です。
手札が増えれば『背炎』につなげることもできますし。

シグニはグロウコスト確保のため、レベル1は赤を優先し、2以降は消費の多い白を優先しています。
バーストはダメージに影響のあり、かつ強力なものを優先して採用。
色事故が少ないようなら『サーバントT』を効果の良いバーストまたはレベル2シグニに変更すればよいかと。
まあ、シグニ不足に陥るようなら色事故関係無く、レベル2シグニへの変更すべきですが。
その時は消費の多い色のシグニを入れたいところですが、
現状のバースト持ちは○○限定が入っているものしかないので、赤を採用せざるを得ないんですよね。
レベル1シグニを白か青に変えて調節が限度ですね。

『烈覇』が『マルチプル』になっただけで基本的には「以前紹介した爾改のデッキ」と動きはあまり変わりません。
効果的なタイミングで『マルチプル』撃って後半は『背炎』でゲームエンドですね。
ただ、色管理が面倒なことと『烈覇』よりも小回りが利かないことに注意が必要です。
『マルチプル』で『アークオーラ』が止まるのに『バロックディフェンス』が採用されているのは、そのためです。
微調節なんか必要無いという自信がある方は『バロック』抜いて『チャージング』を追加すればよいかと。


凍結する効果なんてマルチプルには無かったんだなと思いつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。