スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

轟炎 花代・爾改 軸 青入りビート

ゼクスの方はマイナーチェンジばかりでレシピを載せる気が起きなかったうすいです。
レジストルとアセディア以外だと、興味を引くカードはあっても紙束になりそうなんですよね。
そんなわけで個人的に期待しているWIXOSSのデッキレシピを載せます。

<花代・爾改軸赤青ビート>

<ルリグ>

花代・零×1

花代・壱×1

轟炎 花代・爾改×1

<アーツ>

背炎之陣×1

烈覇一絡×3

ドロー・ツー×2

アンチ・スペル×1


<シグニ>

羅石アメジスト×4

羅石アイロン×4

サーバント O×4

羅石ブロンダ×4

羅石コハク×4

羅石リン×4

サーバント D×4

<スペル>

THREE OUT×4

落星の炎球×4

贖罪の対火×4


トリガー枚数制限にレベル制限でデッキ内容がほとんど決まって工夫の余地が青ぐらいしか無いデッキ

赤には唯一攻撃を阻止しつつ盤面を空けられるカードである『烈覇一絡』があるため、これを活用してダメージレースに優位に立ちつつ、相手レベル4で盤面突破が困難になったところで『ドロー・ツー』+『背炎之陣』でゲームエンドが目標です。

『贖罪の対火』と『落星の炎球』はバースト目的に採用し、残りのカードは『ピーピング・アナライズ』耐性を高めるための手札補充と比較的扱いやすい赤シグニを消去法で突っ込んだだけです。

とにかく赤のバースト持ちで扱いやすい低レベルシグニが無いのが困りものですね。
登場時に手札を捨てるデメリットは、『背炎之陣』を考えるとできれば採用を避けたいですよ。
でもろくにバーストが無いせいで採用せざるを得ないという。

一応青のバーストを採用するという逃げ道もありますが、
青シグニを盤面に出して赤エナ率を下げると『烈覇一絡』が安定して使えなくなる恐れが出るため、青シグニの採用は避けたいですし、
スペルはバーストにしても通常使用時の効果にしてもデッキコンセプトに合わないカードばかりでただの事故要因になりかねない。
結局青のバーストを採用しても引っかかりを残すことは変わらないんですよね。


D0は公開するようなレベルのデッキが無いためD0の記事がなかなか書けないと思いつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。