スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後退=敗北

コロッサスオーダーでジェム勝利宣言して失敗するうすいです。
前々から自覚はしていますが、ここまで覚えが悪いのはどうかと思いますね。
はぁ…覚える作業は嫌いです。


<退いたら死ぬ>

<赤ゼクス>

拳銃職人クイックドロー×1

煌きの金ゴールドピーコク×1

戦国の華 森蘭丸×4

紅い牙ルビーハウル×4

狩猟の女神アルテミス×4

幸運の女神ラクシュミー×4

整備職人ヒンデンブルク×4

突き刺す水晶スピネルペンギン×4

<黒ゼクス>

孤独の魔人ソリトゥス×4

深淵の凶刃フレイムコープス×4

四足の勝利者ズィーガー×4

彷徨うソリトゥス×4

鮮血の牙ゾルダート×4

牙の漁師イェーガー×4


『ゾルダート』を使ってデッキを作った結果、非常に頭の悪いものになりました。
まあ、当然の結果ですね。

ライフを削ってまでの価値がチャージにあるのは序盤のIG成功ぐらいのものです。
ターンが進むとIGでは対処できない状況が発生しやすくなりますから。
そこで、目標は「序盤から徹底的に攻めて即座にゲームを終わらせること」になりました。
これが達成できれば、相手が攻める余裕が無い状態を維持し『ゾルダート』のマイナス効果を0またはプラスに変えることもできます。

通常、序盤は先攻が攻めに回ってゲームが進みます。
しかし、上記の目標でそれを許す場合、後攻になった時点で敗北というどうしようもない紙束になるだけです。
そのため、序盤で攻守が入れ替わる主要因であるIG成功をたぐり寄せるため、『彷徨うソリトゥス』や擬似IGの『赤黒リソリン』を積んでいます。
これらは目標にも合致しているため、『アリオト』等のゼクス処理能力持ちよりも優先しました。

また、うすいの作る攻め主体のデッキでは珍しく『タイガーズアイ』や『カグヤ』等の除去持ちエヴォルシードを採用していません。
これは、上記のエヴォルシードを「攻め手を処理しに来た相手ゼクスの処理」や「IGで出た自ゼクスの守りへの使用の抑制」として使用しているためです。
要は、他のデッキは「攻守の入れ替わりがありつつもゲーム全体では攻めを維持する」程度であるのに対し
このデッキは「一度でも守るつもりが無い+相手がほぼ無抵抗の序盤で決着をつける」ため、上記のエヴォルシードが必要無いのです。

しかし『ヒンデンブルク』は、攻め続けているならばプレイヤースクエアにはゼクスが手持ち無沙汰で存在する前提に立てると考え、擬似的なIG成功であるとして採用しました。

以上ですね。
残りの『ズィーガー』や『フレイムコープス』あたりは説明不要でしょう。


デッキ内容は単純な割に説明文作成には時間がかかったと思いつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。