スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュエ蘇芳ブーム到来

タッチ色の表記方法に一貫性が無いうすいです。
レシピ見て判断できるので大丈夫ですよね…?


<デュエ蘇芳ビート>

〈青ゼクス〉

決闘機械デュエル×4

〈緑ゼクス〉

洗濯獣人ウェアラクーン×4

隠密の手裏剣 弟切草×4

兎娘ウェアラビット×4

獣人ウェアヘッジホッグ×4

お散歩するステビア×4

獣人ウェアベア×1

獣人ウェアコアラ×4

百獣王ウェアライオン×4

リス娘ウェアスクワール×4

たおやかなる薙刀 菖蒲×4
狩猟雉フェザント×1

獣人ウェアハウンド×4

実直な野太刀 花蘇芳×4

<菖蒲ビショップデュエ蘇芳>

〈青ゼクス〉

決闘機械デュエル×4

〈黒ゼクス〉

孤独の魔人ソリトゥス×4

一撃の刃クリンゲ×4

かぼちゃのお化け×4

支配の魔人イムペリウム×3

冥司教スケルタルビショップ×4

〈黒イベント〉

月影葬送牙×2

〈緑ゼクス〉

家庭的なセージ×4

変幻の三節棍 山吹×1

のんびり屋のルリジッサ×4

たおやかなる薙刀 菖蒲×4

魅惑の七支刀 月下香×4

茨虫ソーンクレスト×2

実直な野太刀 花蘇芳×4
〈緑イベント〉

フィーユはいつも元気だぞっ!×2


どちらも『デュエ蘇芳』を『菖蒲、ハウンド、ビショップ』で使い回しつつ殴るデッキ
ただ、<デュエ蘇芳ビート>は<青緑タッチ赤リソセットビート>が原型で、<菖蒲ビショップデュエ蘇芳>は緑系ファッティが原型です。


<デュエ蘇芳ビート>
単純に『シェダルダハーカ』が不必要に感じただけですね。
『シェダル』はともかく『ダハーカ』が予想以上に活用できなかったため、腐るリスクに見合った見返りが無いと判断しました。
敵軍端の処理は『デュエ蘇芳』への依存が強いため、握れないと苦しい部分はありますが、ブレイバーとも殴り合えて緑黒と戦えるデッキなので十分に強いと思います。


<菖蒲ビショップデュエ蘇芳>
<フィーユ型ルクスリアループ>が遅かったため、さらに動きを早める目的で作ったデッキ。
もともと「菖蒲ビショップシステム」は『フィーユ』や『アイヴィー』を積んだ緑系のデッキを攻め切るには力不足と考えていたため、採用を避けていました。
しかし、『デュエ蘇芳』を活用しながらファッティではなく重ビートとして「菖蒲ビショップ」を利用すれば攻め切れるかもしれないと思い試してみました。
本領発揮は10リソから
『月下香』または『ソンクレ』計2枚を攻めの起点として優秀な攻め手を途切れなく送り込むことを目標です。
ゼクスの現在のカードプールでは、7コスト以上はコストが増えてもパワーはあまり上がらず~11000です。
そのため、5コス10000以上あれば、多くの場合コストが処理>使用となる上、対処手段が限られます。
これを利用して処理漏らしを狙うわけですね。
また、5コス9500は対処手段は比較多いですが、コストは処理>使用になりがちなので、メインアタッカーを複数握れない場合の妥協として使っています。
デッキの基礎の問題なので完全な解決は不可能ですから、まだまだ序盤の弱さや動きの遅さに付きまとわれますが、大分ましになったと思います。


<>:デッキ名
『』:カード名
「」:システムなど(旧はデッキ名含む)
括弧は上記の意味で括弧内を記載していることを示しています。


これまでに括弧についての説明が全く無かったのはあえて説明しなくても分かると思ったからだと言い訳しつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。