スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白黒バルバルコン

ホウライという種族が強いのではなく、ホウライに強いカードが集まっているだけだと思ううすいです。
種族で強いと言うならプラセクトですよ。


<白黒バルバルコン>

〈白ゼクス〉

ロウブリンガーダストギール×2

持ち逃げするメインクーン×4

執筆するアビシニアン×4

掟のレーゲル×4

ロウブリンガートリヴォール×4

秩序の頂点サーガルマータ×3

〈白イベント〉

尊大なる光壁×3

〈黒ゼクス〉

罰の魔人ポエナ×2

骨騎士スケルタルナイト×4

孤独の魔人ソリトゥス×4

復讐の魔人ウルティオー×4

突撃騎兵カヴァレリスト×4

傲慢の魔人アロガンス×2

黒剣カースドソウル×2

野蛮の魔人バルバルス×4


『ウルティオー』により手札補充は黒だけでも十分になり、『イモキン』によって『スメティナ』『ヴィーヴァル』の採用理由が弱まったため、サポートを青から白に変更したバルバルコン
ただし、近頃は『フィーユ』やプラセクトが大型をポンポン展開してゼクス処理が追い付かないことが多いため、『サーガルマータ』を優先し、ゼクス処理が十分にできていないと活用できない『イモキン』を抜きました。
『イモキン』は1枚でチャージ2枚分なのは嬉しいのですが、その程度のチャージ増加でゼクス処理に足りるわけが無いのが厳しいです。
極端に言えば『サーガルマータ』ならチャージ消費3軽減+チャージ1増ですし…。

また、不評であろう『アロガンス』はプラセクト対策で採用しました。
たったパワー500差なら『デスペラ』を採用するという意見が多いでしょうが、『カメレオン』×2が並んでも『アロガンス』1枚で処理できることから優先しました。
また、6コスト以上が増えるのを避ける意味もあります。

『トリヴォール』と『光壁』は以前の型ではファッティに9000×2でごり押されて『バルバル』が落ちたり、低パワーのため封鎖を崩されて5000×3で落ちたりと効果起動だけでは保護できない事が何度もあったため採用。
ついでに9500への殴り返しも容易になり、パワー不足により効果起動することが減りました。

説明はこんなところですね。
ちなみに、個人的には良いデッキになったと思っています。
生半可なデッキなら、ろくに攻めることができないので『バルバル』がやりたい放題できますよ。


最近寒くなったと感じつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。