スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒緑重ビート

カウンターが7777超えたことに今更気付いたうすいです。
まあ、何をするわけでもないので、どうでも良い事なんですけどね。


<黒緑重ビート>

〈黒ゼクス〉

名馬メリーゴーランド×2

不幸の魔人ミセリア×4

強振するスティングビート×3

決殺の矢プファイル×3

骨鮫スケルタルシャーク×4

冥司教スケルタルビショップ×4

〈黒イベント〉

魔人の目覚め×3

月影葬送牙×4

〈緑ゼクス〉

獣人ウェアベア×1

薔薇兜ワイルドローズ×4

奔放な鎖鎌 鳳仙花×4

未来の達人 蒲公英×2

のんびり屋のルリジッサ×4

百獣王ウェアライオン×4

きれい好きのレモンバーム×4


『スケルタルビショップ』を利用してパワー8000を何度も展開するデッキ。
デッキ内容が比較低コスト寄りなので、積極的にリソースを12枚置くと、使いきれないリソースが発生すると考え、リソースは9~10以降、手札から置かず、たまの『ルリジッサ』や『レモンバーム』で少しずつ増やす予定です。

よって、12到達が必ず必要になる『リンドウ』は入れていません。
また、仮に積極的に置く意味が持てるようにデッキを変更しても『リンドウ』と『ビショップ』の両方を有効活用するためには必要なカードが多すぎて方向がまとまらなくなります。
リソースが多く必要となる点は似ていますが、『リンドウ』を活用するためには除去が豊富に必要ですから。
そのため、このデッキはあくまでビートとパワーを張り合いつつ、豊富なリソースとハンドで勝つデッキにしてあります。

この類のデッキは『菖蒲』を入れる形が一般的のようですが、それだとビートとの張り合いが難しくなります。
そうするとリソースが十分に増えるまでコントロール的に動く必要があるのですが、『ビショップ』『菖蒲』と必要カードの枚数が『リンドウ』メインのデッキと比べて多いため、優秀な除去持ちを積む余裕が無いんですよね。
それに優秀な除去持ちは6コスト以上が多いですから『ビショップ』との噛み合いも悪いですし…。

また、『菖蒲』自体はアドが稼げるカードでは無いことも理由ですね。
アドを増やすためには『ビショップ』があれば良いわけですから。
まあ、2枚目の『ビショップ』を引っ張れる点は強いですが。

うーん…言い訳を並べましたが、結局は『菖蒲』を持っていないのと、デッキ全てのカードが安定して強いなら手札交換なんて必要無いという個人的な考えが原因ですね。
リソースの置き過ぎが発生する問題点を緩和できることから考えても『菖蒲』を入れるのが安定ですね。うん。


最後に書いた内容で記事の8割程を無駄と断言してしまった気がしつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。