スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤青黒ウィニー

早くデッキを完成させて対戦したいうすいです。
対戦相手が居なくてもせめて2つデッキがあれば、一人二役で試せるのですが…。
不幸なことに1BOXしか買えてないんですよね…。

<赤青黒ウィニー>

〈赤ゼクス〉

刀職人一刀×2

発熱するアルマジロ×3

砂漠の女王クレオパトラ×1

狩猟の女神アルテミス×4

激走鉄騎タンクハート×3

〈赤イベント〉

覇者激震槍×4

〈青ゼクス〉

抹消機械イレイス×3

鋼城テクネチウム×4

抹消機械ヴォイド×4

メテオソード スピカ×4

音速の城ダームスタチウム×4

〈黒ゼクス〉

蠱惑の魔人ラスキウス×4

漂うヘッドクラッシャー×2

四足の勝利者ズィーガー×4

骨鮫スケルタルシャーク×4


14枚も2コストゼクスが入ったウィニーデッキ。
試さないと分からないことが多いため、勝てるかどうか非常に不安です。

これだけ聞くと、テキトーに低コストを詰め込んでおけば速度で勝てると勘違いしていると思うかもしれませんが、ちょっとした考えはあるので、読んでみて下さい。

このデッキは4コスト帯が『ズィーガー』だけとスカスカです。
これは、2ターン目時点で2コストを複数展開することを想定しているためです。
そしてそんな序盤に2コストを手札に2枚も抱えなければならないために2コストが多いわけです。

では何故2ターン目の複数展開にこだわっているのか。
それは、3ターン目以降から優秀な除去持ちゼクスが出てくるからです。
代表例としては『プファイル』ですね。
これに対して2ターン目に複数のゼクスを処理しようとすると、手札を消費したり、特定名称のカードが必要だったりします。
一応2コストを複数展開するという方法でも処理は可能ですが、似たようなデッキでもない限り、まずあり得ないでしょう。

また、除去持ちゼクスは3コスト以下を複数処理が可能なカードが多いため、2コストでも3コストでも複数のゼクスを処理する負担は大きく変わらないことも2コストを優先する理由です。

簡単ではありますが、以上ですね。

ちなみに、後攻になった場合も4ターン目は自PSを脅かすゼクスを無視して相手PSに殴りに行きます。
返しのターンには、スタート、3コスト、ライフ、2コストとチャージに貯まっているから、最低1枚はIG成功すると考えると、IGによる展開と残った2コストで相手PSのゼクスを落とせると思います。
まあ、相手のリソースが5に到達しているので、場合によっては複数処理され、酷い事になっているかもしれませんが…。

うーん、このデッキに可能性が無いことは無いとは思いますが、問題が多いですね…。
とりあえず、実際に使用しないことにはどうしようもないか。


残りのカードの採用理由は説明しなくても分かるに違いないと自分に言い聞かせつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[雑記]《ベルベイの門/Belbe’s Portal》/「Z/X」第1弾『異世界との邂逅』

 戦いは、新しい戦場でまだまだ続くだろう。 最新情報|『Z/X -ゼクス-』ブロッコリー 新作トレーディングカードゲーム Z/X -Zillions of enemy X- 第1弾「異世界との邂逅」発売 田園補完計画

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。