スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本最強決定戦2

8コスト以上のユニットを使いたいデッキに『TGF』を入れておけば相手に『TGF』で邪魔されなくなるという電波を受信したうすいです。
・・・1枚目ぐらいはエネに置かれるだろうけど、2枚目以降はデッキ内容がばれて握られるだろ。無いな。

今回は前回の続きです。
記憶があいまいな部分が増えていますが、気にせず書いていきますよ。

第4回戦
A:青緑覚醒ビート? ○
1、2T目共に相手が積極的にプランしていたことから『ガロン』『ウッディ』の入ったビートと判断。
除去が少なく、パワーも低い印象があるため、相手に防戦を強制させようと動く。
墓地のトップをフレアロードにした後、『修羅騎士』をプレイし、次のターンには単体で前に出てスマッシュ。
その次のターンは全エネルギーを残した状態で放棄してスマッシュ。
相手は大量のエネを利用してプランしますが、こちらが残ったエネルギーを利用してユニットを展開すると処理し切れなくなったようで、投了を宣言。

B:赤緑ウィニー ○
相手は先攻を選択
こちら初手に『クレイモア』『フェンリル』『ピース』と理想的な手札。
普段通りに『クレイモア』を並べた後、『フェンリル』を呼び声で展開、その状態で『クレイモア』で相手ユニットを踏みつつ、プランをめくっていると2枚目の『フェンリル』が。
その後は『シェカラート』を定期的にプレイして相手ユニットを処理しつつ、ゆっくりとスマッシュを重ねていく。
最終的に相手が我慢できなくなり、『マキリ』プレイで対象『フェンリル』
当然『ピース』を公開、そのまま押しつぶしました。


第5回戦
A:白黒プラチナ(ゾンビ、アイス入り) ●
相手が先行
こちら『ツユシバ』スタートでスマッシュを入れるも『ツユシバ』は即墓地に
代わりに『ヤガスリ』をプレイして返しにプランをめくるとさらに『ヤガスリ』が見える。
手札には『ブラックナイト』も『万手』もあり、勝利を期待できると思っていると相手が6T目に『霧の浸食』をプレイ。
手札の『万手』が落とされる。
実は以前からドローする度に『万手』を引いていたため、すでに3枚の万手が見えていました。
しかし、全て握れる余裕もなく2枚はエネに・・・
そのため、『霧の浸食』で落とされた『万手』は最後の1枚・・・。
この時にこちらは決め手を失い、形勢が一気に傾きました。
その後、『万手』代わりにプランからユニットを増やしつつ攻めようとしますが、相手の9エネ到達はもう間近
相手の除外に『アイス』も『プラチナ』も見えないため、事故を起こしていることを祈りつつ、スマッシュを入れますが、返しに相手がプレイしたのは『ドラゴンゾンビ』・・・。
盤面がリセットされ、攻めが途切れる。
その後は相手に『サイクロプス』を引かれないでいれば・・・とわずかな希望に縋るも『サイクロプス』引かれて詰み。
相手のプラチナを止められることなく死亡しました。

B:赤単ビート ○
こちら後攻を選択
いつも通りに相手ユニットを処理しつつ、攻める機会をうかがっていると、相手がプランに見えた『シャイニング・ハンター』をプレイで『フェンリル』を対象に取る。
そこで『ピース』を公開すると相手は『ピース』効果にスタックして『真紅の衝撃』から『マキリ』を呼び、再度『フェンリル』を火力対象に
当然こちらは公開状態の『ピース』を再度公開し、『フェンリル』を守る。
この相手のプレイミスによりこちらが非常に有利になり、押しつぶしました。


第6回戦
A:赤単急襲ビート ●
相手が先攻
相手は手札に1コストベースが引けず、鈍いスタートに悶絶している様子。
そこで、少し危険だが積極的にスマッシュしていると、ベースがプランにポンポン見えた後に『リムセ』が出てくる。
1体だけなら問題無いと変わらず攻めていくも、さすがに攻勢が鈍ってくる。
そんなわけで『リムセ』を処理しつつ攻めようとするが、さらに『リムセ』が出る。
これは一度完全に守りに入るしかないなと思っていたら3枚目の『リムセ』も。
一度守りに入った状態でこれだけ『リムセ』が湧くと厳しい・・・。
その後、追い詰められて『万手』に賭けるも『ヨツビシ』『ハナクイドリ』が湧くだけで壁を作ることもできず死亡。
ゆっくり攻めて丁寧に『リムセ』を処理すれば勝てないことは無いのにと嘆くはめになりました・・・。

B:4色産卵ファッティ ○
こちら後攻を選択
様子見に『ソラビ』スタートすると相手が試しで『産卵科病棟』をプレイ。
こちら『TGF』を握っていたため、スルー。
この時点で相手はこちらが『TGF』を握っていると確信したようです。
その後は、『テリア』や『エヴァンジェリカル』×2で相手の動きを封殺しつつゆっくり動き、以前のようなミスも無いように除去をしっかりと握る。
そんな状態で、終始こちらのペースでゲームが進行し、勝ちました。


戦績:7勝5敗
戦績的には自己記録を更新しましたが、勝てそうな試合を落としていたため、感覚的には後味が悪かったですね。
ただ、勝てそうな試合を落とした結果の敗北だったので、今までの勝てるわけがなく負けたと比べて進歩が感じられました。
次も自己記録を更新して上位になってみたいものです。


ちなみにフリープレイでは『青緑アイス』と『青黒ビート』を主に使って遊んでいました。
こちらは1ターンに『妖精のダンス』を4回プレイすることができたので、大満足です。


全最に参加する機会に恵まれたことに感謝しつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。