スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本最強決定戦1

バス内でよく眠れなかったうすいです。
まあ、今回は酔わなかっただけましなんですが。

さて、中途半端な眠気に襲われながら対戦結果について書きますか。
ただ、記憶があやふやなので、間違いあるかもしれません。
2012年 全日本最強決定戦

参加人数:85
使用デッキA:赤単フレアロード
使用デッキB:白単ビート

第1回戦
A:赤単フレアロード(マキリ無し) ○
相手が先行

2T目相手は『ツユシバ』プレイ。
こちらは2コストが無かったので、墓地を肥やしてました。
この時点で『マキリ』を諦め、受けるであろうスマッシュを利用して展開量で勝つ方向を目指す。

3T目相手はプランと『ツユシバ』前進にエネを使用→スマッシュ
プランには『マントルが見える』
マキリが無い事に安心しつつ、こちらは4エネ残しで放棄

4T目相手優先権放棄に対して相手の『ツユシバ』の前に『ヤガスリ』プレイ。
再度相手が放棄したので、自分も放棄して更に1スマ受ける。
相手がエネを残していたため、警戒して6エネ残しの放棄

5T目相手またも5エネ残して放棄
相手がエネを残しているものの、対した邪魔はできないと考え、『ツジガハナ』→『カンゼミズ』とプレイ
これに対して相手は『マントル』と『カンゼミズ』をプレイ
こちらの『ツジガハナ』が焼かれるも、自軍には『ヤガスリ』が残っているので、相手の『カンゼミズ』を焼却
残っていた『ツユシバ』から3度目のスマッシュを受けるも、返しに『ヤガスリ』で踏み返し+『カンゼミズ』前進で3スマ入れる。

6T目相手はプランから『マントル』ラインに『修羅騎士』をプレイ
これに対してこちら『ブラックナイト』プレイで『マントル』を処理
その後、相手は3エネ?残しで放棄
処理されて1体だけだろうと考え、返しに詰めに行ったところ、問題無く進んだため、4点入れて勝ち。

B:赤黒覚醒ビート? ●
相手は先行を選択

こちらはいつも通りユニット展開しつつ白2を残し『ピース』をちらつかせるが、相手は『フェンリル』を出す度に『マキリ』で焼いてくる。
この2度のチャンスの1度だけでも良いから『ピース』を握れていれば、一気に流れがこちらに傾いて難なく勝利できたのに、3積みした『ピース』は1枚も来ない・・・。
『ピース』の方が危ないんだから『フェンリル』が残ることぐらい許容しろよ!と心の中で叫びつつ、相手ユニットを除去し続け我慢するも、決め手に欠けてぐだぐだしている間に除去が尽きて『真紅の衝撃』からの『マキリ』で死亡。
せめてもう少し長引いて引き分けになってくれたら良かったのに・・・。

第2回戦
A:赤単フレアロード ○
相手が先行

2T目相手は墓地肥やしでこちらは『ツユシバ』

3T目こちらが『ツユシバ』前進で放棄すると相手『カンゼミズ』

4T目相手4エネ残しで放棄に対してこちら『ヤガスリ』プレイ

その後こちらの6T目に『ヤガスリ』を前に進めて2スマ
相手は『ヨツビシ』置いた状態で『カンゼミズ』を前進させ、『ヤガスリ』を踏みに来る。
それに対してこちらは『セイガイハ』をプレイ
相手は墓地1枚でも『ヨツビシ』で除外できると勘違いしていたらしく、打つ手無し。
結果『カンゼミズ』を追い返す。
その後どれだけユニット残っていたか覚えてないのですが、この返しに一気にユニット押し込んで勝ったのだと思います。

B:4色産卵ファッティ?
デッキ相性がとても良い相手な上にこちらは相手の動きを縛るカードを手札に握り込む。
しかし、代わりに早々に見えてしまった『聖なる遺志』×2をエネに置かざるを得なくなる。
一応、『聖なる遺志』×1、『ミラーコーティング・ペガサス』×3と除去はまだまだあるから我慢できると判断しての選択でした。
その後、ゆっくりと準備する期間を得るものの、いつまで経っても『フェンリル』が見えない。
それどころか除去も見えないため、相手の『魔剣勇者』に歩かれると厳しい状態に・・・。
そうこうしているうちに相手の『勇者』が歩きだし、スマッシュを入れられる。
そこで、とにかく『勇者』を除去しようとプランをめくると『シェカラート』→『フェンリル』→『フェンリル』
・・・『テリア』も居たので、先に歩いて自軍を空けておけば良かったという反論もありますが、プランの見え方酷過ぎるだろ・・・。
そんな状態でいつまでも『勇者』が処理できず盤面まで荒らされ追い詰められた結果、わざわざ自分の『ソーラービーム・サテライト』を『ソーラービーム・サテライト』対象で割って『TGF』を貼るスクエアを空けての『乙女』プレイ
しかし、相手が『アキロ』をプレイ
『勇者』を倒せない挙句、6エネ縛りをくらう。
・・・死んだ。
勝てる勝負を落とすとか・・・泣きそう・・・。

第3回戦
A:4色産卵ファッティ? ●
相手が先行

こちら2T目中央に『ツユシバ』プレイ
相手は中央に『大巨人の盾』をプレイ

3T目前進スマッシュといつも通りの動き
ここで相手が『産卵科病棟』プレイし『ヴァナジオン』を除外

4T目相手プランを宣言。
この時点で、相手残り4エネなので『悪戯するフェアリー』が見えない限りは『ツユシバ』を『ヴァナジオン』で踏まれることはないから大丈夫だろうと思っていたら、相手のプランに『悪戯フェアリー』が見える。
・・・え゛。
予想通り、ツユシバ踏まれ、9500の『ヴァナジオン』が真ん中に居座ることに・・・
とはいえ、手札には『ブラックナイト』があったので、『ヴァナジオン』単体に殺されるようなことはない!
とりあえず、『ヴァナジオン』が盤面に睨みを利かせている以上、下手な動きはできないため、4エネ残して放棄

5T目『悪戯するフェアリー』前進で放棄
それに対して『悪戯』の前に『ヤガスリ』をプレイ
相手1スマだけ与えてくる。
その返しに『ヤガスリ』が前進で『悪戯』を踏み放棄

その後は『ブラックナイト』で『盾』を処理し、『ヨツビシ』を投げて『ヴァナジオン』を処理
返しに相手が『ウートガルザ・ロキ』プレイ
こちら『嘘をつくフェアリー』を警戒して先に『万手』をプレイして肉壁作って守ろうとしたら『産卵』からの『クレバス』で肉壁消滅し、死にました。
・・・完全に対戦慣れしてませんでしたね・・・。

B:赤単フレアロード(ビーム・ビートル入り) ○
ほとんど覚えていないのですが、殴られつつも『フェンリル』が残ったため、『シェカラート』やその他でユニット処理しつつ、ゆっくりと押し返していくと、相手が我慢できなくり、『カンゼミズ』プレイ
今回は初手から『ピース』を握れていたため、難なく『フェンリル』を守り、返しに詰めました。
試合の流れとは関係無いことですが、好きなタイミングで除去して墓地トップを操作しようとしていたため、『ビーム・ビートル』が記憶に残っていました。


半分が終わった時点で3敗と期待する要素がまるでありませんが、残りは次の更新にします。
これだけ書くだけでも2.5時間ほどかかりましたよ・・・。


これからしばらくは記事の内容に困りそうにないなぁ・・・と思いつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。