スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパブラDX

D0メインのブログのはずなのにD0に関する記事を書けていないうすいです。
…はぁ…泣けてくる…。


<スパブラDX>

〈初期VG〉

メカトレーナー×1

〈G3〉

スカーレットウィッチココ×4

ジャガーノート・マキシマム×4

〈G2〉

オラクルガーディアンワイズマン×4

ハイスピード・ブラッキー×4

至宝ブラックパンサー×4

〈G1〉

ワンダーボーイ×4

ダッドリー・ダン×1

サイクロン・ブリッツ×4

オラクルガーディアンジェミニ×4

〈G0〉

ソニック・ブレイカー×4

チアガールティアラ×4

サイレンス・ジョーカー×4

サイキック・バード×4


スパブラはウィニー向けのテキストは強いが、パワーが低すぎて序盤に殴れない上、手札が足りず勝てないと感じたことから作られたデッキ。
改良点としては、サブクランを入れて、手札補充に『ココ』を投入した点ですね。
また、構築初期の時点ではパワーを上げる意味でサブクランを入れたため、『ジャック』の採用を考えていました。
しかし、『ココ』は序盤にコストが必要となる能力であることから、『ジャック』の採用は取りやめました。
その後、『マキシマム』の効果が使いたくとも使えない時があったことがあり、必要性を疑問視していたドロートリガーを抜いて『サイキックバード』を投入。
これにより、無理なくソウルの供給が可能になりました。

上記の経緯で作られたデッキですが、『ココ』を使うという点では、「スパブラ」よりも「『ブラッキー』を積んだオラクル」の方が比較対象として適当なため、それに対しての上位点を主に説明します。

・ソウルを破棄するために、G3期以降にも『真実を見つめる者』を前衛として置く場合がある
G3期に9000では単体では攻撃が通らないことが多く、攻めが緩みます。
また、それを補助するためにブースト役を展開するとソウルが切れた後は最悪10000ラインにしか到達できなくなります。
しかし、スパブラメインであれば『マキシマム』もあるため、21000ラインを実現しつつ、ソウル破棄が可能です。

・『ココ』効果が安定しない
オラクルメインでは『ブラッキー』または『真実』を引く必要がありますが、スパブラメインであれば、同様に8枚積んだ上で『メカトレーナー』によるサーチもあるため、安定して効果を発揮できます。

・アマテラスメインココサブで構築される
この場合、『ココ』にライドすると、『ラックバード』等の『アマテラス』へのライド前提で使用するカードが機能不全に陥ります。
一応、『サイキック』効果→『ラック』効果と展開できれば無駄なく効果を使えますが、そう簡単にそろわないため、頼りにはできません。
加えて、2枚目となるともはや確実にただの5000と考えて良いでしょう。

・G1のパワー低下
『ラックバード』に『真実』とパワー6000以下が非常に多くなります。
そのため、序盤に攻撃しにくいことに加えて攻撃されやすく、『アマテラス』『ココ』『ブラッキー』のパワーライン低下も招きます。
これは相手が11000にライドした時はもちろん、10000にライドした場合でも9000が前衛に置かれるデッキであるため、無視できません。

・初期VG
初期VGが『ロゼンジメイガス』ではなく『メカトレーナー』にできることも大きいです。
『メカトレ』なら何度でもブーストできる上に、安定して21000ラインを作る手助けにもなります。
特に何度でもブーストできるという点はウィニーにとっては非常に重要ですよね。


昨日更新する予定だったのに、説明文に時間をかけすぎて1日ずれてしまったなぁ…と思いつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。