スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばーくがるをばーくがるとして使い倒してみた

ロイパラをメインにしたウィニーを作ろうと思う度に『ばーくがる』と『ふろうがる』のパワーの低さに泣いてきたうすいです。
『コンロー』が優秀過ぎて『ばーくがる』では我慢できません…。

しかし、今回はそんな『ばーくがる』がウィニーで輝けるデッキを作ってみました。

<11000ウィニー>

〈初期VG〉

ばーくがる×1

〈G3〉

ソウルセイバードラゴン×2

ドラゴニック・オーバーロード×4

〈G2〉

ドラゴンナイトネハーレン×4

ジェノサイド・ジャック×4

砲撃竜キャノンギア×4

沈黙の騎士ギャラティン×2

〈G1〉

鎧の化身バー×4

ぽーんがる×4

魂を導くエルフ×1

小さな賢者マロン×4

〈G0〉

幸運の運び手 エポナ×4

未来の騎士 リュー×4

ふろうがる×4

世界樹の巫女エレイン×4


後衛がパワー5000なら前衛をパワー11000にすれば良いじゃない!という考えで作られたデッキ。
本来たちかぜでないと扱いにくい『キャノンギア』も『ばーくがる』や『ふろうがる』の余りを退却させれば良いので、割と使いやすいカードになっています。

また、『SSD』はG3に安定してライドできるということもありますが、このデッキ特有の問題緩和の意味でも入れてあります。
このデッキはブーストを『ばーくがる』からの『ふろうがる』だけで済ませようとするデッキであるため、ブーストをする目的でG1を展開する必要がありません。
しかし、ウィニーであれば序盤に攻撃目的でG1を展開します。
これが通常のウィニーであれば途中でG1を後ろに下げてブースト役として流用すれば良いのですが、このデッキでは『ふろうがる』がその位置を占めているため、後ろに下げることができず、自ら潰すことになってしまいます。
そこで、『ぽーんがる』を採用し、攻撃目的で展開した後に必要なくなれば効果で『SSD』をサーチすることで、手札の無駄な消費を避けています。
まあ、途中で手札やトリガーに『ふろうがる』が見えることもあるため、攻撃目的でG1を盤面に展開しても全てが無駄になるというわけではありませんけどね。

現状の問題点としては、『オバロ』を展開しても9000になりやすいことですね。
一応、『ネハーレン』を優先的に積むことで緩和しようとしているのですが、まだまだ安定しません。
しかし、コストを使用できてパワーが11000あるカードが『オバロ』ぐらいしか無いんですよね…。
うーん…。


以下ちょっとした茶番

ばーくがる「コンロー?ノーコストで手札を3枚以上増やせる俺と比べたら、わざわざコストを使って手札1枚分の価値しかない雑魚でしょ(笑)」
コンロー「……」

その夜

コンロー「ガトリングクローさん、ちょっとお話があるんですが…」
ガトリングクロー「…仕事か?」

次の日

昨夜未明、ロイヤルパラディン所属のばーくがるさんが遺体で発見されました。
体には無数の弾痕があり……


ばーくがるを複数枚積むことも視野に入れる必要があるなぁ…と思いつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。