スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパブラ

否定的な意見をしたくせに可能性を探るうすいです。
一度否定的な見方をすると、直感的に否定しやすくなるため、本当に否定するべきか確かめたくなるんですよね。

<スパブラ>

〈初期VG〉
メカトレーナー×1

〈G3〉

ジャガーノートマキシマム×4

スカイダイバー×4

〈G2〉

ジェノサイド・ジャック×4

キング・オブ・ソード×4

至宝ブラックパンサー×4

〈G1〉

ワンダーボーイ×4

チアガールマリリン×3

ダッドリー・ダン×2

タフ・ボーイ×4

〈G0〉

ソニック・ブレイカー×4

陽気なリンクス×4

チアガールティアラ×4

サイレンス・ジョーカー×4


パワーの低さを恨みながら作ったスパイクブラザーズ。
ウィニー向け能力ばかりなのにパワーが低いとか…。
まあ、実際に使う際には手札が足りないことも恨むでしょうけど。

さて、箇条書きが書きやすかったため、今回も箇条書きで書いていきますか。

・ザイフリートは必要ない

『ザイフリート』はG3を擬似スタンドトリガーにできるため、『アシュラカイザー』の相互互換と考えることができます。
しかし、そのためには、わざわざ盤面に空きを作る必要がある上に、トリガーに見えたG3を盤面に置くため、『アシュラカイザー』と違い手札が増えません。
手札にG3が増えてもガードに使用できないため、大して差が無いと考える方もいるかもしれませんが、手札にG3が入れば0ガードに使用できますし、盤面に居るG2を安心してインターセプトできるという利点もあるため、基本的にはマイナスです。
まあ、盤面に10000しか居ない状況であれば、『ザイフリート』なら11000で殴れる可能性があるという見方もできますが、11000が盤面にあり、10000が出るという逆も考えられるため、利点とは言い難いです。
よって、利点があるとするならば、+3000と前衛Rが居ない状態で見えた場合ぐらいです。
そして、ウィニーは基本的にそのような状態にならないようにデッキを作るため、『ザイフリート』はウィニーに噛み合いません。
また、ウィニー相手の時はVの攻撃を守ることがほとんど無いため、16000さえ達成できるなら+3000もさほど重要ではありません。
以上のことから、『ザイフリート』は必要無いと判断しました。


・ダッドリーダンは止めに一度

パワー4000と可能ならばライドしたくないカードなので、サーチ前提の2積みにしました。
それに、ウィニーとして動きたいのにRで殴れないこともあります。
しかし、能力自体は強いので、詰めの際に1度だけ使えると良いなぁ…程度で使う予定です。


こんなところですかね。
他はウィニーしやすいようにできるだけパワーの高いユニットを集めただけですし。


いつも箇条書きに接続語をつけただけのような文を書いているのだから、箇条書きで書きやすくてとうぜんだよなぁ…と思いつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。