スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランブルータッチノヴァグラ

RRRなんて集まるわけがないうすいです。
封入率が低い上にシングルも高いとなれば無視ですよ無視。
ヴァンガードは皆の心の中にしかRRとRRRが存在しないTCGなんですよ。

<グランブルータッチノヴァグラ>

〈初期VG〉

案内するゾンビ×1

〈G3〉

スピリットイクシード×2

魔の海域の王バスカーク×2

〈G2〉

ジェノサイド・ジャック×4

キング・オブ・ソード×4

ルイン・シェイド×4

〈G1〉

伊達男ロマリオ×2

サムライスピリット×4

ダンシング・カットラス×3

タフ・ボーイ×4

〈G0〉

お化けのちゃっぴー×4

ナイトスピリット×4

お化けのりっく×4

荒海のバンシー×4

シャイニング・レディ×4


グランブルーのカードが強いと感じたため、とりあえず作ってみたデッキ。

作る際に考えたことを箇条書きすると

・『ナイトミスト』の強さに疑問
→最初からパワーの高いG2を入れておけば盤面の安定につながり、G1を盤面に出さなくても攻勢を維持できるため、『ナイトミスト』効果が無くてもG1をガードに使える。
→コストの使用機会が少ないため、『ジャック』を積んで対11000性能向上

安定して前衛を供給できるとは言え、ヴァンガードでは基本的にRは狙われない上に8000のパワーでは結局攻めが緩むため、重要性は低い。
また、8000であるが故にライドするとボコられる上、Rに置くと他を殴れない時の的になりやすい。
そのため、安定したインターセプトで守りやすいという利点が弱まる。


・他クランよりもスペリオルライドが容易に感じる。
→G3を削って『ちゃっぴー』を入れ、守りの強化と『サムライスピリット』の安定性を向上を図る。


・G3が少ないため、G3を活用する意味での0ガードの必要性が下がる
→10000ガード多いこともあり、無理に入れて序盤にボコられる+守れない+攻められない等の事故要因を作る必要は無い。

『スピリットイクシード』はスペリオルライド出来ない場合を考え、ライドに使えば良い上に、G2以上が少ないこのデッキでは貴重なアタッカーとなる。
また、『サムライスピリット』も手札に引いた場合は普通にコールして使えば良いし、どうしても墓地に落としたい場合はガードに使えば良い。
そのため、墓地に落としたいカードは手札に入るなら入るで問題無いため、墓地肥しの意味でも必要無い。


・かげろうの焼きは環境上無視できない
→理想盤面は安定しないため、無理に狙って序盤にボコられる+攻められない等の事故要因を作る必要は無い。
また、焼きを使わない仮想敵は20000で十分

焼きが無いクランで11000があるのは「ノヴァグラ」と「スパイクブラザーズ」
しかし、「スパイクブラザーズ」は今のところ警戒する必要が無いと思われます。
また、「ノヴァグラ」を見かける場合はウィニーがほとんどであると思われるため、理想盤面にする余裕があるか怪しい上に、相手はV16000の時点でほぼガードしません。


・スタンドトリガーが要らない
→『ジャック』を入れたこともあり、サブクランにノヴァグラを採用。


・手札が足りない
→『サムライスピリット』が墓地にあればパワー7000コスト1+ソウル2で1ドローの『ダンシング・カットラス』を入れる。


こんなところですね。

ただ、G3にライドできるか、G2期で『ルイン・シェイド』の効果が使いにくいことがどれだけ影響するかが心配ですね。
まあ、これは実際に試すしかありませんが。


予想以上に時間がかかって焦りつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。