スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方零次元

餌を与えられたうすいです。
何やらD0の二次創作があると聞いてカードリストを見ていました。
東方に詳しくはないですが、そんなことは些細な事です。

と言うことで、今回は東方零次元のデッキレシピを載せますよ。

<赤黒青迷い家フランコン>

〈赤ユニット〉

小悪魔×2

フランドール・スカーレット×3

〈赤ベース〉

紅魔館×3

〈赤ストラテジー〉

紅符「スカーレットシュート」×3

〈黒ユニット〉

レティ・ホワイトロック×3

プリズムリバー三姉妹×3

西園寺幽々子×3

〈黒ベース〉

迷い家×3

〈黒ストラテジー〉

騒葬「スティジャンリバーサイド」×3

亡舞「生者必滅の理-死蝶-」×3

〈青ストラテジー〉

咒詛「魔彩光の上海人形」×3

〈多色ユニット〉

霧雨魔理沙×3

〈多色ストラテジー〉

恋符「マスタースパーク」×3

妖々跋扈×2


自ターンに一度墓地から貼れる『迷い家』をコストに『フランドール・スカーレット』をブンブンさせるコントロールデッキ。

毎ターン『迷い家』で1度は回避されると考えると、『フラン』の処理には最低パワー7000×2を投下する必要があります。
そして、環境上パワー7000×2を中央投下するには+1000ベースがあって最低6コストは必要です。
まあ、実際には10コスト程度は必要になると思います。
しかし、これだけのコストと手札を使っても『フラン』は低コストユニットかベースを追加で破棄すれば投下を回避できます。
つまり、ほとんどの場合は『フラン』を処理するには確定除去を撃つ必要があるということですね。
こんなカードがフィニッシャーにならないわけがありません。

そして、恋符「マスタースパーク」
現状の東方零次元には、エネルギーブーストやスマッシュブーストが存在しません。
そのため、『マスタースパーク』を撃つためには必ず6ターン必要になります。
つまり、単純に考えれば先攻が確実に先に『マスタースパーク』を撃てるということです。
そうなると、後攻側は6ターン目には手札が無くなり、以降のターンでプランに『マスタースパーク』が見えない限り、『マスタースパーク』は撃てません。
要は先攻は先に撃った後、他のハンデスを握って相手の邪魔をできる分『マスタースパーク』を撃たれにくいのです。
よって、個人的にはコントロール対コントロールは先攻が先に『マスタースパーク』を撃ち、その手札差で勝つというゲームだと考えています。
しかも、対ビート戦で撃たないにしてもプランに見えれば0コスト1ドロー。
…なんという高性能…コントロールデッキで入れない理由が思いつきません。

以上の理由から2種のカードが強いと考えたため、ちょっと無理をした3色のコントロールになりました。
他は基本的に序盤のユニット処理とドロソースやハンデスと言ったサポートで構成されています。
ただし、色調節も考慮しての選択になっていますね。
…できるなら色を無視して入れたいカードが多くて困ります。

ちなみに、買えてはいないため実際に試したことはありませんが、的外れなことは書いていないと思います。
まあ、キャラクターが云々となると的外れなのかもしれませんけどね。


意外なところで餌が与えられたことに喜びつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。