スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かげろうウィニー

発売まで大人しくできないうすいです。
結局は発売後には状況が変わって無駄になると分かりつつも、新カードは試したくてしかたありませんね。
まあ、好きでしていることなので、無駄になったところで後悔するわけではありませんが。

ということで、公開された新カードを使って早速デッキを作ってみました。

<かげろうウィニー>

〈初期ヴァンガード〉

リザードソルジャー コンロー×1

〈G3〉

勝利の化身 アリフ×3

封竜 ブロケード×4

〈G2〉

ドラゴンナイト ネハーレン×4

ジェノサイド・ジャック×4

キング・オブ・ソード×4

ハイスピード・ブラッキー×1

〈G1〉

鎧の化身 バー×4

ドラゴンモンク ゴジョー×1

希望の火 エルモ×4

タフ・ボーイ×4

〈G0〉

リザードソルジャー ガンルー×4

リザードソルジャー ナフド×4

バトルライザー×4

ラッキー・ガール×4


相手のインターセプトを封じることは、ハンデスとニアリーイコールと考え、ウィニーデッキにしてみました。

インターセプトできないと、序盤ろくに守れないんですよね。
しかも、手札に抱えてシールドに使用していると、手札がいくらあっても足りないというジレンマが発生しますし…。
つまり、どちらにせよウィニーに望ましい状況なわけです。

基本的な考え方はノヴァグラのウィニーと変わらないため、後、説明が必要なのは『アリフ』だけですね。

これは、インターセプトを封じたことで『ドラゴニックオーバーロード』の起動効果の価値が落ちたためですね。
インターセプトができる状況なのであれば、『オバロ』効果は「相手のシールドを減らす+前衛を除去する」の二つの意味があるのですが、インターセプトできない状態であれば、前衛の除去するだけになってしまいます。
そして、相手がG3を握っていた場合は前衛を除去したところでうまみが非常に小さくなるため、あまり使用する価値が無いです。
そのため、どちらの場合でも十分に効果を活かせ、かつスタンドさせると強い『アリフ』を採用しました。

うーん…デッキ説明はこんなところですかね。


…チェックが必要な気がしますが、もう面倒になったので今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。