スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センチュリー限定戦用 急襲融解

先週から忙しくなったうすいです。
今月中は確定で忙しいままでしょうね。


それと、今更の報告になりますが、D0の月別開催店舗一覧が都道府県別に公開されるようになりました。
これで大会予定が確認しやすくなりますね。

<センチュリー限定戦用 急襲融解>

〈赤ユニット〉

Ⅳ-1 融解戦鬼灼熱王×3

Ⅳ-2 機神兵カンノン×3

Ⅳ-3 ライトニングホーン・ドラゴン×2

Ⅳ-4 バーミリオン・ハンター×3

Ⅳ-4 祭儀の踊り子リムセ×3

〈赤ベース〉

Ⅳ-1 刀の墓場×3

Ⅳ-4 ガラクタ試作兵器倉庫×3

Ⅳ-4 バウンティ・ハンターズハウス×3

〈赤ストラテジー〉

Ⅳ-4 ブレイブ・スパーク×3

〈緑ユニット〉

Ⅳ-1 悪戯するフェアリー×3

Ⅳ-1 大巨人ゴッドファーザーJr.×3

Ⅳ-2 新生獣F・フェルミオン×3

〈緑ベース〉

Ⅳ-1 枯れ果てた大樹×3

Ⅳ-4 禁断の地の果実×2


フォースセンチュリーの悪夢を詰め込んだ恐怖のデッキ。
その悪夢を紹介してデッキ説明としますかね。

悪夢1:大樹→悪戯
Ⅳ-1環境が超高速化した原因の一つ。
当時は『ラッパビート』等に使用され、割と高い頻度で3ターン目にユニット×2を置きつつ、全てリリースで6エネ(スマッシュ含む)に到達するというわけのわからないエネルギーブーストができました。

悪夢2:融解戦鬼灼熱王
一体で盤面を制圧する最強生物。
このカードのためにベースを20枚程度積んでもスマッシュし切れたことからも、その強さがわかることでしょう。

悪夢3:機神兵カンノン
隊列召喚ビックトライアングルで出てくると、全てのユニットがリリースしてスマッシュ+1されるユニット。
自身のスマッシュが2あるため、効果で3スマッシュ。
さらに、隊列召喚の条件から敵軍エリアにユニットが居るため、X+2スマッシュ。
このカードが隊列召喚できれば1ターンの間に7点スマッシュも簡単ですね。
しかも、当時は制限とは言え『ニトロ・カタパルト』があったため、ニトロ+カンノンなんてことも…。
そして、恐怖のハーケンカンノンですね。
3ターン目に隊列召喚ボトムバーから『ネーレウスハーケン』または『フェルミオン』が出てきて、4ターン目に前進→カンノンで7点スマッシュ。
覚醒もビックリの速度ですよ。


この上記の3つを相性の良い急襲と合わせたのが、このデッキとなります。
ずいぶんと粗い気がしますが、禁止・制限でごり押すデッキなので、しかたないですね。

まあ、「融解」「ハーケンカンノン」「急襲」のどのデッキとして使うにしてもまずはベースを貼るため、組み合わせたことによる悪影響はほとんど無いんですけどね。
強いて挙げるならば、『融解』を使用する割にはベースが少ないことか。


3日間かけてやっと書き終わらせるという遅筆を披露しつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。