スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノヴグラが強いと言われているようなので作ってみた

最近、D0の記事が書けていないうすいです。
まあ、この記事を含めないならヴァンガードの方も書くことが思いついていないですけどね。

<かげろう?いいえノヴグラです。>

〈初期ヴァンガード〉

リザードソルジャー コンロー×1

〈G3〉

アシュラ・カイザー×4

Mr.インビンシブル×4

〈G2〉

ドラゴンナイト ネハーレン×4

ジェノサイド・ジャック×4

キング・オブ・ソード×4

〈G1〉

鎧の化身 バー×4

ドラゴンモンク ゴジョー×1

希望の火 エルモ×4

タフ・ボーイ×4

〈G0〉

リザードソルジャー ガンルー×4

バトルライザー×4

シャイニング・レディ×4

ラッキー・ガール×4


個人的には「かげろう」が安定していると考えていたのですが、ちらほらと「ノヴァグラップラー」が強いとの意見を聞いたため、作ってみたデッキ。
単クランではV、Rともに21000どころか20000ラインに到達することがない上に、他トリガーと相性が悪く扱いにくいスタンドトリガーがメインなので、うすいの評価は低いんですよね。

さて、まずはトリガーについて
ノヴグラのトリガーはスタンドがメインです。
そのため、他のトリガーを増やして噛み合わせを悪くするぐらいならとスタンドトリガーを12枚も積んでみました。
一応、別クランを多めにしてトリガーを総入れ替えするということも考えたのですが、最終的には『アシュラカイザー』がヴァンガードになるため、スタンドから逃げるのは諦めました…。
また、クリティカルを4積みしたのは、3クランにするのが流石に厳しかったためです。

ちなみに、ドローやヒールを避けたのは、21000が作れない以上、試合を長引かせても勝ち目がないからです。
こちらがシールドの際に必要になる手札は3枚が基本なのに、相手は2枚が基本なんて状態が長引いても、手札差が大きくなるだけですからね。

続いてG2
…要はスタンドするなら元のパワーが高くないと話にならないということです。

そしてG1ですが、『コンロー』が確実にコールできるように「かげろう」率が高くなっています。
また、G2と同じ理由でバニラが多いです。
『エルモ』は引き過ぎたG3を処理するために投入。
やはり、『しょこら』シリーズが無いとG3を引き過ぎた時が厳しいですね。

そして、初期ヴァンガードを『コンロー』にした理由は、ずっとブースト出来るからです。
攻めるしか勝ち筋が無いのに『ライザー』を置いて1度しかブーストできないのは苦しいですよ。
また、パワーが高いカードが多い上に、21000ラインを作るために8000ブーストが必要ということもないですから。

正直、トリガー率を上げたところで何になるのかと言いたいです。
そもそもドライブチェックの回数が他のデッキより少ないから要らんっての。

よって、トリガー1枚を山札に戻してトリガー率を上げるよりも、毎ターンブーストして相手がシールドに使用する手札枚数を増やした方が良いと判断しました。

まあ、こんなところですね。
暇があるなら何故スタンドトリガーが使いにくいかも詳しく書きたいのですが、今回はパスで


予想以上に長くなったなぁ…と思いつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。