スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うすいは作れない(資産的意味で)

もくはちがヴァンガードにおけるプレイングについて書いた記事を見て熱意的に負けた気がしたうすいです。
…正直、プレイングについてはパターンが多くなりがちだから書きたくない…。
書くなら、せめて頭の中で自然とパターン分けができる程度になってからが良いなぁ…主に自分への負担軽減の意味で。

ということで情けないうすいはデッキレシピを載せるだけという負担の軽い記事ばかり載せますか。



<オラクルタッチボールス>

〈初期ヴァンガード〉

ロゼンジ・メイガス×1

〈G3〉

断罪の騎士ボールス×3

CEOアマテラス×4

〈G2〉

沈黙の騎士ギャラティン×2

バトルシスターもか×4

オラクルガーディアンワイズマン×4

ハイスピード・ブラッキー×2

〈G1〉

小さな賢者マロン×2

湖の巫女リアン×2

バトルシスターしょこら×4

オラクルガーディアンジェミニ×4

カルマ・クイーン×3

〈G0〉

ロゼンジ・メイガス×3

オラクルガーディアンニケ×4

ドリーム・イーター×4

ミラクル・キッド×4


『アマテラス』と『ボールス』を並べることでヴァンガード、リアガードともに21000ラインを突破することを目標としたデッキ。

構築の際に注意したのは、G1の選択ですね。

基本的にブーストしながら手札交換ができるため、手札交換要員は『エルモ』が採用されやすいと思いますが、このデッキでは『エルモ』をブースト役として使用すると21000ラインに到達できないため、『リアン』を採用しています。
『リアン』であれば先行1ターン目でヴァンガードになればブーストの枠を圧迫せずに手札交換が可能である上に、ヴァンガードの後ろに置けば、序盤は手札交換、後々は『アマテラス』のブースト要員として使用できるため、わざわざブースト要員を貼り替える必要が無いんですよね。

また、『ボールス』だけではコストがあまりがちになることもあるため、別のコストの使用先として『カルマ・クイーン』を投入。
こいつもパワーが7000あるので、『ボールス』の後ろ以外に置くのであれば何ら問題はありません。
G2にインターセプトがあるため、「スタンドしない」の効果は軽視されがちですが、G3やブースト要員を対象にするのであれば、シールドの際に必要になる手札が減り、間接的な手札補充となるため、使用する価値は十分にあります。
また、相手がユニットを貼り直す場合は除去と同じことなので、ヴァンガードに左右されない「G0~1、3を退却させる」というテキストを持っていることと同義です。

ちなみに、『ハイスピード・ブラッキー』ですが、相手に止めをさせる前提で使用するのならば、非常に簡単に21000に到達するアタッカーとなりえるため採用してみました。
また、7000以上のブーストが多いのであれば、例えパワー9000でも16000に到達するため、単純なアタッカーとして使用することも可能です。
ただし、このカードを使用する際にもブーストが6000だと21000に到達できないので、ブースト要員に6000を使用する時は注意が必要ですね。


「こんなデッキ高くて作れないよ」という人のために次は安価なデッキレシピを載せようかと考えつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。