スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V限赤単覚醒

4ダメージ制はヴァンガードと認めないうすいです。
簡単にルールを覚えるだけならともかく、あれではゲームになりませんよ。


<V限赤単覚醒>

〈赤ユニット〉

V-1 機神兵イダ×3

V-1 海の守り手アトゥイ×3

V-1 シャイニング・ハンター×3

V-1 機神兵タイシャク×2

V-1 ベベッ・ニッ×3

V-1 クリムゾン・ドラゴン×2

V-2 ドン・ド・ドーン×3

V-2 大陸アルドのフレイムナイト×3

V-2 ヘルハウンド×1

V-2 大陸アルドのトロル×3

V-2 剛燕×3

V-2 光の勇者マキリ×3

V-2 アポロン×2

〈赤ベース〉

V-1 マントルを漂う遺跡×3
V-2 難攻不落の城塞×3


今更になって赤単覚醒を載せてみました。
個人的には、赤単はコロボックルに伸ばす方向で使いたかったのですが、どうにもカエルや赤単覚醒相手が怪しいということで、諦めました…。
…フレアロードは比較的得意なんですけどねぇ…。

さて、よく見かけるデッキなので、他とは異なる点だけ説明しますか。

まず、『カンゼミズ』ですが、使用コストが3と覚醒デッキとしては比較的重いため、入れませんでした。
個人的には覚醒デッキならば、火力よりも展開力を重視したいです。

次は、『クリムゾン・ドラゴン』
覚醒しても2コストと地味に重いのですが、『カンゼミズ』よりは軽いため投入。
当初は『プラズマスナップ』が入っていたのですが、ユニット展開を阻害する要員になるため、代わりの火力を探して『クリムゾン』に至りました。

『タイシャク』は覚醒もとがいなくなった場合に盤面の再構築するためという理由もありますが、基本的には覚醒ユニットの数を増やしたかったためですね。
ベースも急襲に比べ少ないとは言え、6枚あるので、それほど展開の足を引っ張ることは無いですよ。

うーん…珍しい点はこれぐらいですかね。


この記事を公開した当日に見る人は少ないだろうなぁ…と思いつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。