スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちなみにプロキシでブースター環境を考察中

V-2グランプリ用のデッキのどれもが、あと1~3枚カードが足りていない状況のうすいです。
…パックに対する引きの弱さが恨めしい…。

さて、今日はD0の記事ではなく、ヴァンガードについての記事だったりします。
あまりにもヴァンガードがドライブ(トリガー)ゲー等と卑下されていると感じたため、うすいの感じたヴァンガードの良い点を説明したいと思います。


1 お気に入りのカードを盤面に残せる

お気に入りのカードはヴァンガードにさえしてしまえば、除去という無慈悲なカードによって葬られる事はありません。
しかもその上で除去にも存在する価値が十分にあります。


2 召喚制限が緩く、かつ、グレード3になった後も0~3様々なグレードのカードが必要

コストが不必要で、何体も召喚可能なため、召喚の際にもどかしい思いを感じることはありません。
また、それぞれのグレードだけが担う役割があるため、小さいグレードも必要です。


3 派手さはあるが、おおざっぱなゲームにならない

ダメージを受けたことによるコストを使用して派手な効果を使用するため、召喚制限が緩くても早いうちにデカイのが暴れて盤面が大きく覆されることはありません。
ある程度抵抗できる準備が整った上で派手な効果を楽しめますね。


4 手も足もでず、圧勝や圧敗ということがない

序盤はほとんど守らず、ダメージが4~5の状態で踏ん張る期間が長いため、緊張感のある試合になりやすいです。
また、序盤に守ることが得にならないため、コストを貯めることに苦労しません。
しかし、攻撃側が完全に有利なゲームなので、攻撃することをためらう必要もありません。


5 意外と運要素は小さい

扱い易いマリガンがあり、最低2~3ドロー/ターンのため、手札の回りが良いです。
また、勝利条件(ダメージを与える際)にトリガーという運要素が絡んでいますが、トリガーを予想して多めに手札を使うことで能動的にダメージを防げることから、どこぞの白黒TCGに比べれば、十分運要素は低いです。
まあ、某DMにも勝利条件にSTという運要素が関わっているため、カード効果による影響を無視するなら似たようなものでしょう。
ついでに、某YGOや某BSに対しては、カード効果を無視してもヴァンガードの方が手札回りが良いという点で運要素が低いと思いますよ。
まあ、各某TCGは現在進行で知っているTCGでは無いため、正確に評価できていると言う気はありませんが、見た目よりも運要素は強くないと言いたいだけですね。
ああ、それでも運要素が強く嫌だと思うのであればD0をオススメしますよ。
そんなあなたならば必ず楽しめると思います。


まとめると、

・カードを使用できないもどかしさが無い
・気に入ったカードは除去されない
・効果が派手
・適度な運要素

と子供達が望むであろう要素を含みつつ、壊れたゲームにならないで思考が必要となる奥深さもあると感じました。
現在ある子供向けTCGの中でも非常によくできたカードゲームだと思います。
また、ダメージ等のカウンターもダメージを覚えることも必要無いのは、子供向けTCGとして良いですね。


アニメは関係無くTCGとして評価できるため、うすいはオススメしますよと言いつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。