スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vセンチュリー限定構築戦

Vセンチュリー限定構築戦が店舗単位の公認大会で開催されるようになると知り、緑単ビートを作ってみたうすいです。
ちなみに以前のV限とは異なり、V-1,V-2,V-αに収録されているカードしか使えないためご注意を。

<Ⅴ構築緑単覚醒ビート>

〈緑ユニット〉

Ⅴ-1 コウ・ドリアード×3

Ⅴ-1 妖魔の美容師ヒル×2

Ⅴ-1 守護兵ヒッポ×3

Ⅴ-1 ウツロイ・ドリアード×3

Ⅴ-1 ホウキ・ドリアード×3

Ⅴ-2 洞魔レチュギア×3

Ⅴ-2 大陸アルドのキメラ×3

Ⅴ-2 双子の魔女ポム&ポア×3

Ⅴ-2 大陸アルドのガーゴイル×3

Ⅴ-2 獣騎士ガロン×3

〈緑ベース〉

Ⅴ-2 ジャングル・キャッスル×3

〈緑ストラテジー〉

Ⅴ-1 バニー・フラッシュ×3

Ⅴ-1 深緑の衝撃×2

Ⅴ-2 バーサーカー・ドラッグ×3


パッと見、あまり大きな違いが無いように思えますが、個人的には大きく違っているように思えています。
やはり、『Jr.』の有無は影響が大きいです。
ベース枚数を無理に増やす必要が無いため、一気に枠が空きましたよ。

また、『七海王子』を相手にする必要が無いというのもデッキ作成に影響を与えましたね。
以前は『七海王子』を移動コストが足りず踏めず処理できなかった場合、パンプでは対処できず盤面崩壊を招く恐れがあるため、低コストの除去を積む必要がありました。
しかし、その不安が取り除かれたため、無理して対象の範囲が狭い『獣達の遠吠え』等を入れず、ドロソにもできる『バーサーカードラッグ』や『深緑の決意』だけで良くなったのは非常にありがたいです。
ただ、そうすると『フェンリル』などのユニットを潰しにくくなりますが。

ちなみにこのデッキは緑単ビートが作りやすいということで最初に載せただけなので、Ⅴセンチュリー限定構築で強いかはわかりません。
まあ、覚醒ビートなので、ろくに戦えないなんてことは無いでしょうけどね。


周りが休みに入り始めたことを羨ましく思いつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 
バニーはIV-1では?
確認したところ、確かにV-1にはありませんでした。
間違いの指摘をありがとうございます。

言い訳をすると、記入途中ということで、確認する前でした。

また、記入終了後の記事では『兎娘キューティ・バニー』を抜きました。
間違った情報を載せてすみませんでした…。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。