スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/28 V-2ブードラ

無個性は十分個性になると思っているうすいです。
本当に全く個性が無い人間がいたら、それこそ個性になりますよ。
まあ、個性は有るか無いかではなく、見つけられるかどうかの問題だろと言われそうですが。


さて、今日は楽しみにしていたブードラと公認大会がありました。
まあ、予定連絡が上手くいかず、公認大会から来た人もいましたが。

ということで、以下はそれについてです。

V-2ブードラ
参加人数:3
戦績:2勝

ピック
うすいは今回もいつも通りに緑メインを狙ってピック開始。
幸いなことに今回は緑がどんどん流れてきたため、予定通り緑を集め、最終的にメイン緑サブ赤タッチ青となりました。
デッキの内容は低コストから高コストまでにバラけたユニットでビートし、対処に困る相手の大型は6以上除去シリーズで処理するというもの。
ちなみにタッチの部分はブードラで使えたらほぼ負ける気がしない『アイスドラゴン』さんです。

1戦目:メイン黒サブ赤
序盤からユニットを展開してビートしようとするも、プランが奮わず…。
代わりに相手はどんどんとユニットが追加されていく…。
しかも相手の『アポカリプス』がブンブン歩いて盤面壊滅。
しかたなく途中からビートを諦め、握っていた『アイスドラゴン』による逆転を狙って守りに徹する。
そうこうしているうちにスマッシュが3に到達。
下手に動けば死ねる気がする盤面でしたが、「ブードラだし」と自分を納得させてプランで墓地を肥やした後に『アイスドラゴン』プレイ。
そして効果を利用し、『アポ』を潰す。
自軍中央だけが脆かったため心配でしたが、返しに殺されることはなく、押し返しました。

2戦目:青白タッチ何か
今回も序盤から積極的にユニット展開しようと思っていたら、相手は手札からユニットを並べて早々に『竜を守る獅子』を隊列召喚。
しかたなく盤面に並べていた『大陸アルドのラフレシア』を歩かせてユニット処理。
結果、今回も仕方なく守りに徹することになりました。
その後は相手の攻勢が衰えるのが早かったため、余裕を持って『アイスドラゴン』さんをブーンさせて押し返しました。

…6コスト以上のユニットなんていませんでした…。
2戦とも相手が優先的にプレイしたのは5以下コストばかりで処理に非常に手間取りましたよ…。
それと、『アイスドラゴン』さんが非常に強い。
やはり、あの能力はとんでもないアドが得られますよ。
まあ、今回はブードラだったため比較的簡単にプレイできたので、構築戦では工夫が必要でしょうが。


時間があまりない上に眠いので、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。