スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばたんきゅー

研修用建築物型隔離施設で二泊三日過ごしたうすいです。
今までで思い知らされていますが、ろくに会話もしない相手と共同生活ってのは苦痛だと再確認しました。
気まずい空気に身を置くのは勘弁していただきたいので、暇な時間を課題と勉強に費やしていましたよ。
まあ、そんな態度だから堅物に見られて余計に話しかけられなくなるという連鎖に陥っているんですけどね。


さて、予想が外れて新カード考察ができないわけですが、何を書きますかね…?

うーん…再録が確定しているカードについての感想でも書きますかね。

バーサーカー・ドラッグ
『深緑の決意』と似ていますが、『深緑』と違い色拘束が弱いのがありがたいですね。
『歌姫』等を使っていた思うのですが、赤緑ビートは意外と緑の色指定2が厳しい時があるんですよね。
後は、エネブにも使える点ですね。
とは言え、使用すると覚醒もとが減ることになるのが気になりますが…。
ちなみに、相手のユニットは対象にできないので、プランから手札に加えたくても『深緑』みたいに相手ユニットに撃って手札に加えるなんて真似はできませんよ。
まあ、自分のユニットであれば色関係無く使用できるので、ユニットがエネに行く以外は『深緑』よりも使い勝手が良くなっている気しかしませんが。

蠢く死者
『貴婦人の微笑』と違い、ベースに頼らない点と中央に出せる点が嬉しいですね。
『タスヴィリ』や『アポカリプス』の効果が誘発するのは強いですよ。
まあ、代わりにターン終了時にユニットは除外されてしまいますが。
しかし、その問題もターン終了前に墓地に送れば問題無いので、工夫しだいでどうとでもできますね。
後は場外されるということで『エキドナ』と相性が良さそうです。
苦手な序盤のユニット処理に使えることですし。


思いついたことは書いたので、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。