スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/19 V-1グランプリ予選

昔より今の方が背伸びをすることが多くなった気がするうすいです。
昔はできそうにないことはできないで許されましたが、現在ではできそうにないことをできないと言って済ませられないため背伸びが必要になっていますね…。
はぁ…見栄を張りたくなんかないのに見栄を張らなきゃならないなんて…面倒です…。

V-1グランプリ予選
使用デッキ:白単タピオカウィニー
参加人数:3

1戦目:黒青タスヴィーリー
いつもと変わらず『タピオカ』を展開し続け、相手が処理仕切れなかったところで『マディナ→レイピア』を決める。
その後、『フェンリル』を追加し、スマッシュし始め押し潰しました。
相手は3ターン目に『サキュバスハーレム』を貼り忘れたそうでボコボコでした。


2戦目:赤緑ビート
序盤、相手は『ゲルピー→ラム』でスタートし、こちらをいつでも踏める状態に。
そのため、相手の動きに注意しつつ『タピオカ』を展開するのですが、『フェンリル』を引けないこともあり、『パドル』で牽制せざるを得なくなる。
そこで速度を抑えられた上に『遠吠え』『スカシャ』で何度もパドルを落とされる。
そんな状態で『タピオカ』がプチプチ踏まれ、徐々に攻められました。
その後は『フェンリル』もワンチャンス『白銀の衝撃』も見えず限界でした。


そんなわけで優勝ならず…優勝者は全国へは行かないとのことで権利を得ることはできましたが、話になりませんね…。
ここまで赤緑に弱いとなると現状の白単は厳しい気がします…。
ただ、覚醒ユニット主体だと速度が落ちますし…増してや『花咲く結界』を貼られるとどのみち潰されてしまいます…。
まあ、それでも赤緑に対する耐性は上がると思いますが、コントロール相手は厳しい気がしますね…。
うーん…どうにかならないものか…。


自分の低い性能を全力で呪いつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。