スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V限環境考察みたいなもの

トレーディングではないカードゲームを買おうか本気で悩んでいるうすいです。
店舗に持っている人が来て遊んだところ面白かったんですよ。
ただ、さらに持っている人が増えても過剰供給になる気しかしない…。
まあ、現状では+がほとんど無いと予想されるため、買わない安定ですかね。

さて、今回はV限環境考察の中間報告をしたいと思います。
まあ、一人回しが多いため、信用できない部分があるとは思いますが、参考程度にどうぞ。

今までうすいが試したところ

↑有利
・黒青タスヴィーリーコントロール
・赤緑覚醒ビート
・白単タピオカウィニー ・赤単ビート
・青白クレバスコントロール
↓不利

不明
・黒系ビート
・白青ビート

と、考えています。

それでは次に各デッキからの考察です。

<青黒タスヴィーリー>
頂点には置きましたが、苦手が少なく、どのデッキともほぼ対等に戦えることから上位であると考えただけです。
そのため、場合によっては簡単にひっくり返ると思います。
5コストの処理が苦手+墓地除外が地味に痛いことから、速度が遅くとも赤単ビートには注意すべきかと。


<赤緑覚醒ビート>
1番の懸念は青白クレバスの『クリコロ』ですね。
青白は勝てる相手が少ないため、見かけないと思うのですが、赤緑は若干相性が悪い気がします。
まあ、除去性能が心許ないので、『クリコロ』がなければあっさりと勝てますが。
その他のデッキに対してはほぼ対等に戦えると思います。
ただ、『コウ』スタートでも『フェンリル』はさっさと踏んで残さないようにしないと苦しいことがあるので注意です。


<白単タピオカウィニー>
とにかく小さいため、移動でユニットをまとめて処理されるのが苦しいです。
除去なら数の暴力で何とかなるのですが、踏んでくるとなると中央封鎖もセットで行われるため、厳しいです…。
どうにか中央封鎖される前にカエルが前に出て、後ろに『フェンリル』や『パドル』がいる状態に持ち込めば、まだ可能性があるのですがね…。
ただ、相手が白単の速度を舐めている場合や序盤の処理に手間取った場合は『フェンリル』で強引にスマッシュを叩き込めるため、意外と勝てることも多いですね。


<赤単ビート>
除去兼ユニット展開ができるため、他のビート系統のデッキと異なり覚醒の芽を潰しやすいことが魅力です。
他のビートに比べ遅いですが、テンポ良く相手の覚醒の芽を潰せば十分に追いつけるので、構築段階で速度負けしていることは無いようですね。
そんなわけで対ビート戦は悪くないと思うのですが、コントロール戦に問題があるように思えます。
具体的には、4コストの割合が多くなりがちな上に『クレバス』対策が無いことや速度は比較的遅めなため、攻めに備える時間を与えてしまうことでしょうか。


こんなところですかね。
青白クレバスに関しては、ビート戦が必ず勝てるとは言い切れず、コントロール戦は勝てないという状態なので、ちょっと難しい気がしますね。

まあ、これらはうすいが作ったデッキで戦った範囲内の判断なので、実際の環境とは異なっていると思います。
また、黒系ビートや白青ビートなどを試していないなどの抜けもあるので余計に参考にならないかもしれません。
そんな時は、今後の水増しのためにも予選突破レシピなどを参考にしつつ考察していきたいと思うので、次回にご期待下さい。

…こんなこと言っておきながら期待にそぐえない気しかしない…と思いつつ、今回はここまで


スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。