スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/27 D0公認大会

熱血しているキャラクターを見ると、こいつは助けたいのではなく、感情をぶつけたいだけだよなぁ…と思うことが多いうすいです。
こんなことを考えるためか、熱血しているキャラクターがあまり好かないんですよね。
まあ、賢くなくても自分なりに考えて努力していると感じるなら嫌わないのですが。

D0公認大会
使用デッキ:白単タピオカウィニー
参加人数:5


1戦目:刀匠ビート ○
2ターン目『タピオカ』→3ターン目プラン『タピオカ』+『フェンリル』と好調なスタート
相手もユニット展開をしますが、覚醒の芽を潰すために敵軍に突入してまで『タピオカ』で踏み潰す。
その後はエネの『ワーキシー』で牽制をかけつつ、さらなる『タピオカ』をプレイ。
最終的に『パドル』が手札にある状態で4コス残し、強引に押し潰しました。


2戦目:白青天魔 ○
今回も好調に『タピオカ』や『レイピア』をプレイ。
そして、次のターンには『タピオカ』が前進し、『フェンリル』プレイで一気に攻めこもうとした時に『クーフーリン』が『タピオカ』を踏みつつ中央エリアに登場。
しかも『フェンリル』の真ん前…。
左ラインを封鎖されたあげく、『マナナンマクリル』に『フェンリル』をボトムへ送られ、『エーディン』を上手く処理する手段が無くなる。
しかたなくプランから『タピオカ』を量産し、封鎖され切る前に展開仕切ろうと動く。
しかし、相手も『クリコロ』を貼って、こちらの攻撃に備える。
そして、次のターン。
プランに『フェンリル』が見えたため、『タピオカ』軍団を進ませて『エーディン』を踏み、4スマ。
その返しに相手は『クーフーリン』を進め、『フェンリル』を踏みますが、他のユニットは『エーディン』がいなくなったためか処理できない。
そのため、再度4スマ与えた後に相手の『クリコロ』を『ソラビ』で割り、止めをさしました。

次はVシールド
参加人数:5
1戦目:不戦勝

2戦目 ○
相手に早い段階から攻められ防戦が続くも、最終的には『スリカータ』と『ジャッジメントエッジ』が『サキュバスハーレム』ラインでブンブンする状況に持ち込み、押し返しました。

3戦目
『スリカータ』と『ジャッジメントエッジ』を大事にしていたら、序盤に出てきた『ザガン』の処理に手間取り、面倒なことに。
それでも何とか守り切り、一気に押し返して詰めました。


こんなところで今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。