スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D0のここを気にしてプレイング 6

聞こえていた足音が消えていくように感じているうすいです。
いつか何も聞こえなくなる気がしてぐったりです…。
それでも自分が望む以上は足を止めるわけにはいかないので、歩くしかないのですが。

さて、今回は久しぶりにつまらん報告でもデッキレシピでもない更新です。

存在が忘れさられている気しかしない『ここ気に』が帰ってきました。
まあ、単に書くことを思いついただけなのですがね。
ついでに分類の方も「雑記」から「ここ気に」に変更しましたよ。
うーん…雑記は混沌としているし、いつか整理が必要かなぁ…。


・それは本当に対象をとっている?

D0では、カードを選ぶ必要のある効果を持つカードの多くは対象を取っています。
しかし、たまに選ぶのですが、対象を取らないカードが存在します。(「対象の~」のような対象という言葉を含まない効果は全て対象を取りません。)
こう書くと、「選ぶことには違いないのだから大きな違いは無いだろ」と言われそうですが、違いがあるから気にした方が良かったりします。

では、その説明を
以前のここ気にでカードのプレイや効果は
対象選択→コスト払う→スタックに乗る
という流れになり、対象が無いとスタックに乗せられないと説明しました。
また、対象不適切になると効果が無効化されるということも説明しました。

では、もし対象を取らない場合はどうなるのでしょうか?
答は簡単。対象を取らなくてもスタックに乗りますし、対象不適切で無効化されることもありません。

じゃあ選びたいカードがなくなった場合はどうするのでしょうか?
例を挙げて具体的に説明してみます。


カード名:悪魔竜エキドナ

色:黒 種別:ユニット 種族:ドラゴン

タイミング:クイック

使用コスト:黒3無6 移動コスト:黒1無3

パワー:9000 スマッシュ:2

効果:●このカードがプレイされてスクエアに置かれた時、あなたはゲームから取り除かれている自分のユニットを1枚選び、このカードと隣接する自分のユニットのないバトルスペースのスクエアにフリーズ状態で置く。


例にするのは、このプレイされて置かれた時の効果です。
除外には、『ヴァサーゴ』と『タスヴィーリー』があるとし、効果で出したいカードを『タスヴィーリー』とします。

まず、効果がスタックに乗るまでは、対象を取らない以外に違いはありません。
そのため、「効果起動宣言→コスト支払い→スタックに乗る」となります(この効果にコストはありませんが)。

しかし、効果解決前に相手が『タスヴィーリー』を別のゾーンに移してきました。
そしてその後、互いに効果解決を了承。

対象を取っているのであれば、この時点で対象不適切になり効果は無効になります。
しかし、この効果は対象をとっていないので、解決時にカードを選ぶことになります。

つまり、『タスヴィーリー』は選択できないのですが、『ヴァサーゴ』を選ぶことができるので、効果自体は無効化されていないのです。
そのため、この効果はリムーブゾーンにユニットが無くならない限り邪魔はされないのです。
ちなみに、エキドナ効果解決前に出したいユニットを除外して出すことも可能だったりします。

また、ユニットを出す以外でも同じことが言えます。
例えば『カタストロフ・ドラゴン』はスクエアを対象に取っているため、解決前に相手ユニットの位置が変われば除外できなくなりますが、
『ダイアストロフィズム・ドラゴン』の場合は、対象を取っていないため解決時に選ぶので、どれだけ相手ユニットの位置が変わろうと移動後の場所を指定して除外することができるわけです(効果解決に入ると解決終了までスタックに積むことはできなくなるため、スクエアを選んだ後に相手は移動させることができません)。

このように、対象を取るか否かは解決前に選ぶか、解決時に選ぶかの違いがあるので、注意しましょう。


やはり、「ここ気に」はルール確認しないと不安になるので、疲れると思いつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 
記事を見ていてなんとなく気になったのですが・・・

中央エリアの相手ユニットに対し、クレバスを投下しました。
この場合、バトルが終了した際にクレバスの効果が発動される訳ですが・・・
相手のクーフーリンの手札効果とかってクレバス効果解決後ですか?
それとも、置かれた時点・・・バトル終了時のクレバス効果前ですか?

コメント長くなってスイマセン。
うすいはもっと長くてアホなコメントを書いたことがあるので、お気になさらず。

それで、質問の返事ですが、
両方とも置かれた時の効果なので、おそらく同時にスタックに積まれることになります。
そのため、スタックを積む順番はそのターンを行っている(アクティブプレイヤー)から積むことになり、効果解決は非アクティブプレイヤーからになると思いますよ。

要は、『クレバス』を相手ターンに投げたのであれば、『クレバス』効果から解決で自分のターンに投げたのであれば、『クーフーリン』からということになります。

ただし、うすいはジャッジ資格を持っているわけではないので、信用できるか怪しいですよ。
まあ、一応、総合ルールの確認はしていますが…。
もし、信用できる情報が必要なのであれば、公式に質問するか、よりルールに詳しい方に聞いた方が良いですよ。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。