スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ⅴ限環境考察開始

ついにⅤ限環境のデッキを本格的に作り始めたうすいです。
まだ通常構築の方でデッキ案があったので、それがまとまってからⅤ限の予定だったのですが、まとまらなかったので諦めました。
まあ、そっちは気長に考えます。


さて、今回はⅤ限になって注目を集めているものの、基本となる構築が確立されていない白単ウィニーです。

<Ⅴ限白単タピオカウィニー>

〈白ユニット〉

Ⅴ-1 タピオカ・ナイト×14

Ⅴ-1 忠実なる闘士フェンリル×3

Ⅴ-1 ワーキシー・ナイト×3

Ⅴ-1 パドル・ナイト×3

Ⅴ-1 聖騎士ホーリー・レイピア×3

Ⅴ-1 運搬工マディナ×3

〈白ベース〉

Ⅴ-1 タクティクス・グラビティ・フィールド×3

〈白ストラテジー〉

Ⅴ-1 ボーイ・ミーツ・ガール×2

Ⅴ-1 ネオジェネシスの聖句×3

Ⅴ-1 白銀の衝撃×3


うすいが見てきた白単と違う点は、
『ワードエイト』
『圧縮工レギーナ』
『シェカラート』
『ソーラービーム・サテライト』
が入って無いところですね。

では、その理由を説明

まずは『ワード』『レギーナ』
移動コストが重いため、展開が遅れる原因となるのにあまり役に立たないと感じたためです。
エネブも無いのに移動コスト2,3のユニットをほいほい動かせないですよ。
ただし、黒メインのデッキは存在すると考えたため、『レイピア』は投入されています。
まあ、赤の見かける比率も高いなら『ワード』の投入もありますけどね。

次に『シェカラ』
これも使用・移動コストともに重く、暴走により展開が遅れることを嫌ったためです。
また、ドロソースが無いので『ソラビ』とのコンボは安定して期待できません。
そのため、対ビートの観点から焼石に水だと思い、必要性を感じませんでした。

最後は『ソラビ』
『シェカラ』が無いので、入れる意味が薄れ、環境上割らなければいけないベースも存在しないと思い除外。
まあ、サイドがあれば投入すると思いますが。

そして、上記のカードを除外した枠は高速化を進めるためにカエルシステムに変更。

また、単体のパワーが低過ぎる問題は、『パドル』+『ワーキシー』でごまかしました。
『フェンリル』もあるので、我慢できる範囲内だと思います。

また、『タピオカ』だけでは決定力に欠けるため、『マディナ』+コントロ耐性の高い『レイピア』を投入

『王子』対策には『ボーイ・ミーツ・ガール』。
まあ、気休め程度にしかならないかもしれませんが。

天敵『クレバス』は『タクグラ』で対策。
2枚貼れば、まず出てこれないでしょうし、『フェンリル』もあるため、1枚だけでもプレイするエネに到達するのは難しいかと。


カード名:忠実なる闘士フェンリル

色:白 種別:ユニット 種族:ハウンド

タイミング:クイック

使用コスト:白1無1 移動コスト:白1無1

パワー:4500 スマッシュ:0 禁呪2

効果:●カードが相手のスマッシュゾーンにリリースして置かれるに際し、かわりにフリーズして置かれる。
●相手のスマッシュゾーンのすべてのカードは、支配者のリリースフェイズにリリースしない。
●バトルスペースの他の白のあなたのユニットのパワーを+2000する。


カード名:タピオカ・ナイト

色:白 種別:ユニット 種族:フロッグナイト

タイミング:クイック

使用コスト:白2 移動コスト:白1

パワー:1500 スマッシュ:1

効果:●団結(デッキに好きな枚数入れてよい。)
●プランゾーン効果『覚醒-[バトルスペースのリリース状態のあなたのユニットを1枚選び、フリーズする]』


カード名:タクティクス・グラビティ・フィールド

色:白 種別:ベース  

タイミング:クイック

使用コスト:白1無1

効果:●このカードと同じラインのすべてのあなたのユニットのパワーを+1000する。
●使用コスト8以上のユニットがスクエアに置かれるに際し、そのユニットの支配者は[無4]を支払ってよい。そうしなければ、かわりにそのユニットを持ち主の山札の1番下に裏向きで置く。


終わりに書くつもりだったことを忘れてもやもやした気分を残しつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。