スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クー・フーリンが倒せない

白黒TCGは安定の放置状態になっているうすいです。
まあ、大会に出る余裕がほとんどないので、放置していても何の問題も無いのですが。
それに考えていて楽しいデッキ案も無いですし。


<エンドレス・クー・フーリン>

〈黒ユニット〉

Ⅴ-1 錯乱時計パニックヴォイス×2

〈白ユニット〉

Ⅳ-4 天魔エーディン×3

Ⅳ-4 天魔マナナン・マクリル×3

Ⅴ-1 天魔エポナ×3

Ⅴ-1 シェカラート×3

Ⅴ-1 天魔クー・フーリン×3

〈白ベース〉

Ⅴ-1 ソーラービーム・サテライト×3

Ⅴ-1 タクティクス・グラビティ・フィールド×3

〈白ストラテジー〉

Ⅴ-1 白銀の衝撃×3

〈緑ユニット〉

Ⅲ-1 スカラベマスター×3

〈緑ストラテジー〉

Ⅲ-4 自分が消えていく×3

Ⅲ-4 もう我慢できない×2

Ⅳ-3 風邪ひいちゃうよ?×3

〈多色ユニット〉

Ⅲ-4 ロサ・ランブラー×3


天魔の一つとして『クー・フーリン』を使うと、『クー・フーリン』を活かしきれないと思い、それ単体として有効に使うにはどうすればいいかを考えて作ったデッキです。


カード名:天魔クー・フーリン

色:白 種別:ユニット 種族:スターロード

タイミング:クイック

使用コスト:白1無5 移動コスト:白1無2

パワー:7000 スマッシュ:1

効果:●耐性-「エネルギーゾーン効果」を持つカード(このカードは「エネルギーゾーン効果」を持つカードからダメージを受けず、その対象にならない。)
●「エネルギーゾーン効果」を持つ相手のカードがスクエア以外からスクエアに置かれた時、あなたは自分の手札のこのカードを相手に公開し[白1]を支払ってよい。そうしたならば、あなたはこのカードを自軍エリアか中央エリアのスクエアにフリーズして置く。


まあ、天魔に縛られず、『クーフーリン』を活かすといっても、エネルギーゾーン効果付与を持つ『エーディン』、『エポナ』は最低でもいれなくてはいけません。
なので、このデッキ一番の特徴はドローソースとして青ではなく、緑を採用している点です。
確かに単純なドローソースを考えるなら青を採用するのが一般的なのですが、このデッキの一番手札に握りたいカードは『クーフーリン』なので、1枚引いただけでは全く足りません。
そのため、『風邪ひいちゃうよ?』をはじめとするユニットサーチが豊富な緑を採用してみました。


カード名:もう我慢できない

色:緑 種別:ストラテジー  

タイミング:クイック

使用コスト:緑2無2

効果:あなたは自分の山札を見てユニットを1枚まで選んで相手に見せ、持ち主の手札に加える。残りの山札をすべて裏向きでシャッフルする。
連動 「自分が消えていく」 (あなたの墓地に「自分が消えていく」がある場合、以下のテキストが有効になる。) そうする時、かわりにあなたは自分の山札を見てユニットを2枚まで選んで相手に見せ、持ち主の手札に加える。残りの山札をすべて裏向きでシャッフルする。


カード名:風邪ひいちゃうよ?

色:緑 種別:ストラテジー 

タイミング:クイック

使用コスト:緑1 禁呪1

効果:●あなたのエネルギーゾーンに緑のカードがなければ、あなたはこのカードをプレイできない。
●あなたはバトルスペースの対象のユニットを1枚選ぶ。あなたは自分の山札を見てそのユニットと同名のカードを1枚まで選んで相手に見せ、持ち主の手札に加え、残りの山札をシャッフルする。
●プランゾーン効果(プランゾーンで有効になる。)『あなたがこのカードをプレイするコストを支払うにあたり、そのコストを[無0]にしてよい。』


また、効果で置かれるためには『エーディン』や『エポナ』が必要になるため、『クーフーリン』がそろってもこれらをサーチするのに役立ちます。
まあ、『エーディン』や『エポナ』に関しては『白銀の衝撃』でサーチして直接スクエアに置くという選択肢もあるので、エネルギーゾーン効果付与がなくて困ることはないと思います。

さて、エネルギーゾーン効果を持つカードに耐性を持つため、場持ちの良い『クーフーリン』ですが、ストラテジーには弱いです。
そのため、ストラテジー対策にはこんなカードを採用してみました。


カード名:ロサ・ランブラー

色:白緑 種別:ユニット 種族:ゴーレム/シードマン

タイミング:クイック

使用コスト:白1緑1無3 移動コスト:白1無1

パワー:5000 スマッシュ:1

効果:バトルスペースのスクエアにあるすべてのあなたのユニットに以下の能力を与える。『このカードと同じラインのスクエアにあなたのベースがある場合、このカードは相手のカードの対象にならない。』


また、同コストのユニットが並ぶため、『クレバス』が天敵だったりしますが、『タクティクス・グラビティ・フィールド』を採用して対策しています。
さらに、墓地に落ちた場合に備えて何度も使用できる『パニックヴォイス』も採用しました。

例のごとく実際に試せてはいませんが、比較的速度も速く、コントロール耐性もあると思うので、なかなか良いデッキになったのではないかと思っていますよ。


V限のデッキレシピも載せるとすると、当分デッキレシピでの更新が続きそうだなと思いつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。