スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの水増し

スリーブが足りないうすいです。
まさか、足りなくなることは無いだろうと思っていたのですが…。
こうなったら別のTCGに使われているスリーブも引っぺがして使用するか…?
…今更、昔やってたTCG引っ張り出すの面倒だな…。


さて、今回は以前紹介したアリエーテコンを改良したデッキを紹介します。
以前の記事はカード能力を載せていないなど、説明が足りない部分が多かったので、気になっていたんですよね…。
ということで、水増しにはなりますが、再度デッキ紹介です。


<黒白アリエーテコン>

〈黒ユニット〉

Ⅳ-1 切りつける人形ノエル×3

Ⅳ-3 レディ・アルストロメリア×2

Ⅳ-4 微睡む人形スージー×3

Ⅴ-1 声をひそめる人形レイラ×3

〈黒ストラテジー〉

Ⅰ-1 失恋の痛み×3

Ⅳ-2 滅びの波動×1

Ⅳ-3 明日には本気を出す×2

Ⅳ-4 破滅の刻印×3

Ⅳ-4 人形遣いの休息×3

Ⅴ-1 二粒の涙×2

〈白ユニット〉

Ⅴ-1 魔導王女アリエーテ×3

Ⅴ-1 アセンション・エンジェル×3

Ⅴ-1 シェカラート×3

〈白ベース〉

Ⅱ-2 ソーラービーム・サテライト×3

Ⅴ-1 クリスタル・コロニー×3


まずは、基本のおさらいからです。
簡単に言えば、『アリエーテ』で墓地のストラテジーをデッキボトムに送り、墓地にある『新プランジャー』でデッキシャッフルを発生させて何度も除去兼リアニメイトのストラテジーを使い回そうというデッキです。


カード名:魔導王女アリエーテ

色:白 種別:ユニット 種族:スターロード/フォーリナー

タイミング:クイック

使用コスト:白1無2 移動コスト:白1無2

パワー:3500 スマッシュ:1

効果:●[白1無1]《クイック》あなたは自分の墓地の対象のストラテジーを1枚選び、持ち主の山札の1番下に裏向きで置く。
●プランゾーン効果(プランゾーンで有効になる。)『このカードがスマッシュゾーンに置かれた時、バトルスペースのすべての相手のユニットをフリーズする。』


そして、使い回すセットがこちら

カード名:切りつける人形ノエル

色:黒 種別:ユニット 種族:ドール

タイミング:クイック

使用コスト:黒2無2 移動コスト:黒1無1

パワー:4000 スマッシュ:1

効果:●このカードがスクエアから墓地に置かれた時、あなたはこのカードがあったスクエアと同じラインの対象の使用コスト4以下の相手のユニットを1枚選び、破壊する。
●このカードが墓地からスクエアに置かれた時、相手はバトルスペースの自分のユニットを1枚選び、破壊する。

カード名:破滅の刻印

色:黒 種別:ストラテジー 

タイミング:バトル

使用コスト:黒3無2 禁呪2

効果:あなたはバトルスペースのスクエアにある対象のユニットを1枚選び、持ち主の墓地に置く。あなたは自分の墓地にある使用コストX以下のユニットを1枚まで選び、この効果で墓地に置いたユニットがあったスクエアにフリーズ状態で置く。Xはこの効果で墓地に置いたユニットの使用コストと等しい値である。


カード名:微睡む人形スージー

色:黒 種別:ユニット 種族:ドール

タイミング:クイック

使用コスト:黒2無1 移動コスト:黒1無1

パワー:3000 スマッシュ:1

効果:●このカードが墓地からスクエアに置かれた時、あなたはこのカードと同じラインのスクエアにある対象の使用コスト6以下の相手のユニットを1枚選び、持ち主の墓地に置く。
●このカードが「人形遣いの休息」と結合している場合、このカードのパワーを+1000し以下の能力を得る。『このカードが墓地からスクエアに置かれた時、相手はバトルスペースのスクエアにある自分のユニットを1枚選び、持ち主の墓地に置く。』

カード名:人形遣いの休息

色:黒 種別:ストラテジー 属性:リンク 

タイミング:クイック

使用コスト:黒1無1

効果:●あなたは自分の墓地にある対象の使用コスト3以下の黒のユニットを1枚選び、自分のユニットのない自軍エリアのスクエアにこのカードを結合しフリーズ状態で置く。
●このカードと結合しているユニットに以下の能力を与える。『バトルスペースのスクエアにあるすべての相手のユニットの使用コストの無色エネルギーを-2する。』


ではデッキの基本をおさらいしたところで変更されたカードの説明です。

『ブル・ショット』→『シェカラート』
使ってみたところ、多色が一枚もないので、色拘束が非常に厳しかったです。
加えて、墓地に落ちて欲しいカードはあるのですが、手札に欲しいストラテジーやベースの比率が高いため、テキトーに墓地を肥やすことになるこのカードは、あまり合いませんでした。
下手に山札を削るというのは1枚につき『アリエーテ』効果を1回使用する分のアドを失うことになりますからね。

『アルカード伯爵』→『レディ・アルストロメリア』+『滅びの波動』
墓地に『アルカード伯爵』が落ちる頃には十分に墓地が肥えていて、わざわざリアニメイト用のユニットを確保する必要がありませんでした。
また、墓地除外されて墓地が減った状態になった場合は、優先的に除外されて残らないため、意味がありません。
『メリア』と『波動』の採用理由としては、1枚で完結した除去が欲しかったためです。
墓地を除外しないと使えないのが難点ではありますが、色拘束が弱く、『刻印』を撃った後にもプレイしやすいため、かなり便利でした。
『ナイトベア』だと色拘束が厳しく、プランに見えると重いのがつらいですね…。
手札があまり増えるデッキではないので…。
『波動』は禁呪ストラテジーですし、使い回す価値は十分にあるかと。

『ミラーコーティング・ペガサス』→『レディ・アルストロメリア』
黒エネがとにかく足りなかったため、白から黒に変更しました。


後は使ってみて気になったことを簡単に
細やかな手札補充が無いのは辛いのですが、色拘束が厳しい上にデッキに枠が作れそうにないため、青を入れるのは難しそうです。
また、『絶対的終身雇用』などの軽い墓地回収も考えたのですが、回収したいユニット枚数があまりにも少ないため、有効な手札アドにならないという結論に至りました。
逆に回収したいストラテジーやベースは多いので、『二粒の涙』は非常に便利でした。


ま、こんなところですかね。


そういえば青単に『アトロシティ・アトラス』を入れるのを忘れていたなぁ…と今さら気づきつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。