スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目の前の敵など踏み台にすぎんのだよ

『エビアクトレス』とか何かしらの対処が入るだろうからスルー安定だろと考えていたうすいです。
そんなわけで、何やら雲の上の話のように見ていました。
信頼できるという意味では良いのですが、楽観的に考えすぎるというのもどうかと思いますね…。
こんな人間で大丈夫なのだろうか…。


というわけで、『エビアクトレス』が制限になりました。
詳しくは公式の方で発表があるので、詳しいことはそちらで確認してみて下さい。
いやぁ、仕事が早くて助かります。

<青単踏み台隊列ビート>

〈青ユニット〉

Ⅳ-2 ギガント・シーラカンス×3

Ⅳ-3 蒼流星ストームドライブ×3

Ⅳ-3 七つの海の王子×3

Ⅴ-1 黄金の海の魔女モニカ×3

Ⅴ-1 建材商人カイトマシュー×3

Ⅴ-1 ギガント・トリトーン×3

Ⅴ-1 蒼空星デュアルブレード×3

Ⅴ-1 建築家スラシュ・ライト×3

Ⅴ-1 蒼羅星ジャッジメントエッジ×3

Ⅴ-1 料理長コック・ハワード×3

〈青ベース〉

Ⅲ-2 氷結のコルドロン×3

Ⅲ-3 ペンギン・チェーン×3

〈青ストラテジー〉

Ⅴ-1 紺碧の決意×3

Ⅴ-1 紺碧の衝撃×1


単色デッキ第5弾、青単ビートの紹介です。
当初はベースを多めに入れて急襲デッキに近い形にしようとしていたのですが、新カードと噛み合いが悪い+最近は悠長にベースを貼る暇がないといったことがあり、この形になりました。

今回は青の覚醒を使うということで、そのドロー効果を生かすために低コスト化を進めました。

具体的には移動コストを踏み倒せる『氷結のコルドロン』やプランをめくれる『ペンギン・チェーン』ですね。
それと、『ペンギン・チェーン』はバトルタイミングにプランをめくれるので、青の覚醒のプランゾーンが青ならパワーが上がるテキストと噛み合っていたりします。

ユニットでは、4コスト以上で正規のコストを払ってプレイするカードが『シーラカンス』と『トリトーン』ぐらいなところですかね。
まあ、その2枚も除去を兼用する上にほとんど移動コストを払わないので単純な4コストと比べれば十分軽いカードですが。

カード名:ギガント・シーラカンス

色:青 種別:ユニット 種族:クラーケン

タイミング:クイック

使用コスト:青3無1 移動コスト:青2

パワー:5500 スマッシュ:1 禁呪2

効果:●あなたはこのカードを相手のユニットのあるスクエアに自軍エリアのようにプレイしてよい。


カード名:ギガント・トリトーン

色:青 種別:ユニット 種族:クラーケン

タイミング:クイック

使用コスト:青1無3 移動コスト:青1無1

パワー:5000 スマッシュ:1

効果:●あなたはこのカードを相手のユニットのあるスクエアに自軍エリアのようにプレイしてよい。
●プランゾーン効果『暴走4(表向きになった時、あなたのエネルギーゾーンのカードの枚数が4枚以上ならば、誘発する。『相手はカードを1枚引いてよい。』』)


もちろん相手のシステムユニットを踏みつぶしつつ、敵軍エリアに直接プレイが目標です。
そして、そこから隊列召喚につなげれば、かなり低コストで行動できているのではないかと。

まあ、システムユニットの多くがパワー4500以下なので、踏めないなんてことは無いでしょう。
最悪、『王子』の効果でパワーを2倍にして強行することもできますし。
『アトゥイ』?耐性-青?そんなカードあったっけ?

ちなみに、デッキ名に『隊列』の文字が入ってはいますが、隊列召喚は『コック・ハワード』だけだったりします。
今回は青の覚醒の効果を安定させるために青単色にしていますが、隊列召喚に特化するなら他の色を増やして隊列召喚を増加してもいいかもしれませんね。


…珍しく長い説明になった気がする…。

説明が足りない以前の記事を書き直したいなぁ…と思いつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。