スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新カード考察みたいなもの 15

新カード公開がなくなったために、更新頻度を下げて時間を稼ぎ始めたうすいです。
まあ、単に毎日更新のペースが面倒になってきたというやる気の問題もあるんですけどね。

カード名:クロス・ボンバー

色:黒 種別:ストラテジー

タイミング:バトル

使用コスト:黒1

効果:●あなたは自分のユニット2枚以上と隣接する対象のユニットを1枚選び、破壊する。


隣接するスクエアに自分のユニットが2枚以上いないと撃てない除去。
黒1で何でも処理できるのは魅力的ですが、いくらなんでも条件が厳しすぎます…。
バトルタイミングで使用するには最低でも3枚のユニットが必要とか無理ですよ…。
しかも移動すると並びが崩れるため余計に使いにくく悶絶しそうです。
まあ、実際に使用する場合には空気過ぎてすんなりと使わせてもらえるのかもしれませんが…。


カード名:プラン通り

色:青 種別:ストラテジー

タイミング:クイック

使用コスト:青1無1

効果:●あなたは自分の山札を見て「プランゾーン効果」を持つカードを1枚選び、残りの山札をシャッフルし、選んだカードを持ち主の山札の1番上に表向きで置く。


『幸せはすぐ近くにある』や『生命を育む未来』の影響でプラン操作は緑のイメージが強いのですが、このカードは青のようです。
まあ、もともと山札を並び替える能力は青なので、当然と言えば当然なのですが。
さて、効果の方ですが、プランゾーン効果を持つカードだけ引っ張ってこれるみたいです。
ふむ…これがあれば、序盤の合成や覚醒が安定するわけですね。
デッキによってはほとんど役に立ちませんが、『時計』や『アメーバ』のように序盤に合成を成功させたいデッキにはかなりありがたいカードかと。
また、『ブレードマスター』に入れて3ターン目『万手』を安定させたくなりますが、代わりに『万手』効果の安定性が低下するため、悩ましいところですね。
まあ、色が噛み合いやすい『時計』や『エビ』は当然として、色の問題さえ解決すれば『アメーバ』でも有効なのではないでしょうか?


カード名:ボーイ・ミーツ・ガール

色:白 種別:ストラテジー

タイミング:バトル

使用コスト:白2無1

効果:●あなたは色を1つ指定する。あなたはバトルスペースの対象のユニットを1枚選び、ターン終了時まで、以下の能力を与える。『耐性-指定された色のカード(このカードは指定された色のカードからダメージを受けず、その対象にならない。)』
●このカードがプランゾーンからプレイされたならば、このカードを持ち主の手札に加える。


白の強いバトルタイミングストラテジーがついに登場!
しかも手札補充にもなるではありませんか!
3コストとビートで使う分には地味に重いのが気になりますが、その分効果が良いので、これ以上は高望みですね。
他の色のビートでよく使われる火力や除去と違い除去にも対処できることが魅力です。
しかもユニット投下に関しては投下されたユニットのパワーもコストも関係無く守りきれる。
除去として機能しませんが、ユニットを守るという点では他のバトルタイミングストラテジーに劣ることは無いでしょう。


カード名:呪われた勇者の涙

色:緑 種別:ストラテジー

タイミング:バトル

使用コスト:緑2無4

効果:●あなたはバトルスペースの対象のユニットを1枚選び、持ち主のエネルギーゾーンにフリーズして置く。
●プランゾーン効果『覚醒-[緑1無1あなたの墓地の緑のユニットを2枚選び、除外する](このカードを覚醒のコストでプレイしてよい。)』


覚醒のコストは非常に軽く使いやすそうなのですが、手札にある場合は非常に重いです。
ベースを並べないデッキであれば可能性はあると思いますが、ベースを並べる場合は手札でもプランでも軽い『奥義』の方が良いですね。


これで「こちブロ」の新カード考察は終了。
次回からは店舗限定公開カードや天野セットのカードについて書きたいと思います。

早く発売しないかなぁ…と思いつつ、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。