スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚醒

「覚醒の刻」の情報を見てテンションが上がったうすいです。
約2ヶ月後が非常に楽しみですよ。

実際にポスターを見たわけではないので、あまり書けることはありませんが今回のキーワード能力の説明だけでも書いておきますね。

●プランゾーン効果「覚醒」[コストを表記](このカードを覚醒のコストでプレイしてよい。)
という能力のようです。

他にも、疑似『ガン・ドリアード』の『ホウキ・ドリアード』や、疑似『ステルス・スナイパー』の『ミラージュ・スナイパー』の情報も載っているみたいですよ。


とまあ、これだけでは短すぎる気もするので、テキトーに作られたデッキ(紙束)紹介も付けておきます。

その昔、「サークル対抗代理戦争~ワレ何処の陸のもんじゃい~」通称「ワレ陸」というイベントで紹介された一つのデッキがありました。(公式のコラム参照)
そのデッキの名前は…『鮫ドロー』…。
そして今回はその『鮫ドロー』を基に作ってみたデッキの紹介です。

<新・鮫ドロー>

〈黒ストラテジー〉

Ⅳ-1 サーヴァント・ソウル×3

〈青ユニット〉

Ⅱ-1 ギガント・ハンマーヘッド×3

Ⅳ-3 七つの海の王子×3

Ⅳ-3 アクアリウム・ベガ×3

Ⅳ-3 蒼王星キングトライデント×3

Ⅳ-4 香魔マナカ×3

〈青ベース〉

Ⅱ-4 電脳魔方陣×3

Ⅲ-4 セーブ・ポイント×1

Ⅳ-3 海底都市中央銀行×3

〈青ストラテジー〉

Ⅳ-1 ナーガ・ソウル×3

Ⅳ-1 再改造手術×3


〈多色ユニット〉

Ⅲ-4 堕天使ムリエル×3

〈多色ベース〉

Ⅲ-4 時空城砦×3

〈多色ストラテジー〉

Ⅲ-4 時空侵食×3



…脳内構築な上にテキトーなので、まともに動くかどうかすら保証できません…。
ですが、とりあえず何がしたいかだけでも説明しますね。


カード名:ギガント・ハンマーヘッド

色:青 種別:ユニット 種族:クラーケン

タイミング:クイック

使用コスト:青1無5 移動コスト:青1無1

パワー:4000 スマッシュ:2

効果:[青1 あなたの手札にあるカードを1枚選び持ち主の墓地に置く] ≪バトル≫ ターン終了時まで、このカードのパワーを+3000する。


これがこのデッキの主役となる鮫です。
大量に手札を握りユニット戦ではまず落ちない鮫を活かして攻めるデッキなわけです。


カード名:ナーガ・ソウル

色:青 種別:ストラテジー

タイミング:バトル

使用コスト:青1無1

効果:あなたはバトルスペースのスクエアにある対象の青のユニットを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを+2000する。
墓地効果(このカードが墓地にある場合、以下のテキストが有効になる。) 青のあなたのベースがプレイされてスクエアに置かれた時、あなたはこのカードを持ち主の手札に加えてよい。


カード名:サーヴァント・ソウル

色:黒 種別:ストラテジー

タイミング:バトル

使用コスト:黒1無1

効果:あなたはバトルスペースのスクエアにある対象の黒のユニットを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを+2000する。
墓地効果(このカードが墓地にある場合、以下のテキストが有効になる。) 黒のあなたのベースがプレイされてスクエアに置かれた時、あなたはこのカードを持ち主の手札に加えてよい。


そして、この2つのカードを墓地から回収することで手札補充を行います。

要は、
『ナーガ』、『サーヴァント』を墓地に落とす
→『時空城砦』をプレイして墓地から回収
→鮫のパンプコストとして手札から破棄
→鮫が処理されそうになったら『時空城砦』効果起動で逃げる+『時空城砦』が手札に戻る

このシステムで常に多くの手札がある状態を維持するわけです。

ちなみに
『アクアリウム・ベガ』は墓地肥やし+ビート対策
『海底都市中央銀行』は可能な限り山札を削らずに上記ソウルを墓地に落とすため
といった意味があります。

ん~、説明はこんなところですかね。


相当テキトーな気がすると思いながら、今回はここまで
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。