スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/13,14 ショップにてフリプの続き

一度こたつの中に入るとなかなか抜け出ることができないうすいです。
まあ、こたつに限らず布団からもなかなか抜け出ることができませんが。

続きを書くと長くなりそうだったので、ただのショップにてフリプを2つに分けてみました。
もちろん水増しする意味もありますよ。

ということで早速続きです。

●二代目産卵科すたふる 対 ○青緑エネブファッティ
相手が安定してエネブしていく間、こちらは地味な下準備しかできない。
ただ、相手のエネに『クレバス』が見えない事が救いでした。
その後、途中に『失恋』で相手の手札に入った『クレバス』を落とし、そうそう『クレバス』は来ないと一安心。
しかし、相手が『スキップするフェアリー』で地味にスマッシュしてくる。
しかたなく『ウートガルザ・ロキ』をプランから投下しつつ、満を持して『すたふる』降臨!
ここで一気にユニットを展開し攻勢に移りたいと思うも、やっぱり『クレバス』が怖いため『妖魔の勇者』で守りを固めて我慢する。
ですが、『勇者』の牽制はあまり意味をなさず、『マンゴスティン』を展開されたりで死が見え始める…。
しかたなく『悪戯するフェアリー』でデッキからエネに『アニヒレイト』を引っ張り『マンゴスティン』を除外しようとする。
しかし、当然のごとく相手は『すたふる』を処理してくる…。
その結果、『ロキ』プレイ→スタック『Jr.』の効果起動で無理やり『Jr.』の上に『ロキ』を乗せて『ロキ』を墓地に送り、再度『すたふる』をエネから引っ張りだす。
結果、守りのために残しておいた『ロキ』を失ったため、相手の『ヴァナジオン』を止め切れず負け。


○ミダス無限エネ 対 ●流星+α
最速6ターン目に無限エネが決まる上に、手札にはもう1セット存在するという鬼回り。
しかし、『失恋』で相手の対処を無くす前に最後の『誇りある反乱者』がプランに見え、7スマを決めに行けない・・・。
そのため、しかたなく相手に優先権放棄。
その後、『防空戦鬼』の効果を使って意地でも『反乱者』を守る。
まあ、『ミダス』は除去されましたが、もう1枚あったので普通にプレイして無限エネからの7スマを決めました。
…てか、今気付いたのですが、相手の対処手段が『ストームドライブ』だけだったので、『防空戦鬼』の効果で『フレイム・フライ』を守れましたね…。
はぁ…何をやっているのやら…。

●赤青急襲 対 ○青緑エネブファッティ
地道にユニットを展開していくも、結局コントロールされてしまい負け。
プランからのベース展開にこだわっていたため、序盤プランに見えた『ハーケン』が腐ったのですが、こういったことを防ぐためにも3枚すべてのベースを手札から貼るつもりでプレイした方が良いのですかね?

●流星 対 ○魔剣
相手が『アミダ』で詰めにきた場面で『クレバス』で処理したら、プランから『アミダ』をプレイされリリースインで詰まれました。
『殺意』を握っていたので、そっちで処理するべきでしたね…。
プランからプレイされて再度スマッシュされることをすっかり失念していましたよ…。

●赤緑ビート 対 ○青緑エネブファッティ
相手が残り5エネの時に前進スタックで『妖魔の勇者』をプレイされなかったため、『スキップするフェアリー』しかないと判断し、『バイオ・サーバー』を起動するため、再度前進を宣言した後に気付く。
…『厨二勇者』があるやん…。
その予想が当たって『厨二』をプレイされ2エネフリーズ…。
『サーバー』効果で『Jr.』をエネに送れたものの、そのままフリーズされまくって死にました…。

流星 対 流星
『ムリエル』、『ビフロンス』、『ヘイル』といったユニットで地味にペチペチ殴り合っている途中で閉店時間が来て引き分け。


あまり負けているつもりはなかったのですが…振り返ってみると負けが多いですね…。
もっとプレミに気を付けなきゃならんです…。

うすいはいつまで経っても弱いなぁ…とへこみつつ、今回はここまで…
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © usui雑記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。